新潟市古町にある居酒屋。2006年頃オープンしたよう。

古くからの繁華街、古町は、鍋茶屋を始めとする料亭、割烹など、日曜定休が多い。それとは違いこの店は、日曜営業で、深夜2時まで営業なので便利。

新潟市に胡坐屋は、古町店と駅前店があり、炭火焼をメインとする姉妹店の炭鮮(すみせん)が古町にある≫人気blogランキング



古町交差点から、北に伸びるアーケードの商店街を120m程行った(古町の老舗の茶『浅川園』の北隣)ビル2階にある。

店の入口に、無垢材の看板が出てるが、派手ではないので、通りかかっても目立たない。



歩道脇にメニューが掲示され、その横のパンフを見ると、ドリンクサービスのクーポン券が付いてたので、これを持って入った。

 

1階の右手から入り、幅1.2m程の階段を3段上ると白地の暖簾が掛かってる。これをくぐると、前に階段があり、ここから2階に上がると正面に玄関扉があった。



扉を開けて入ると、通路があり、正面に少し行くと突き当たり、それから左に長く通郎が伸びてた。この通路の左手は、お座敷席(個室)と小上りが連なり、右手は厨房(客席からは見えない)とドリンク用カウンターになってた。

いらっしゃいませと、接客係の若い女性に迎えられて、空いてる席に案内された。



お座敷席は、通常個室として使って得る小部屋を連ねて、中央に長テーブルを配した宴会準備がと整ってた。



小上り席には、4人卓が2列に配置されてた。お座敷席との間の木の扉の仕切りを外せば、さらに広い部屋として使えそう。




接客係の女性に、ドリンククーポンを渡して、4種のドリンク(生ビール、酎ハイ、カクテル、ソフトドリンク)から、生ビールを注文した。


生ビール&お通し¥350

すぐに、生ビールがお通しと一緒に運ばれてきた。

お通しは、セロリのきんぴら、ごま豆腐、煮物の冷菜風3種盛り。これをつまみに生ビールを飲みながら、刺身盛り合わせ¥2000などの料理を注文した。


刺身盛り合わせ ¥2000

刺身は、バイ貝、南蛮えび、キジハタなど、5点盛りで、貝殻、大根のツマ、青しそ、レモン、ミョウガなどを添えて、立体的に盛りつけてあって、どれも鮮度がよかった。


鶏皮ポン酢辛味大根のせ ¥450

鶏皮ポン酢辛味大根のせは、香ばしく揚げた鶏皮の上に、辛いソースで和えた大根の千切りがトッピングされてて、熱々&辛みが、ビールによく合うつまみだった。


(左)ギネス黒生 ¥650
(右)新潟の地酒 千代の光 越淡麗
         (グラス)¥450

生ビールで一息ついた後は、黒生ビールと新潟の地酒を注文した。
新潟の地酒は、大きめのグラスに入ってて、ワイン風におしゃれに味わえた。


越乃鶏炙り ¥700

越乃鶏は、新潟を代表する銘柄鶏のよう。皮めは香ばしく、ほんのりピンク色の身はふっくらジューシーに焼けてて、鶏肉くささなく、大根おろしを添えながら、さっぱりと食べられた。


北海道直送北あかりの
 フライドポテト2種盛り ¥550

北あかりは、昭和62年に北海道で生まれた、男爵いもの改良品種。実が黄色く、ビタミン、デンプン質が多く含まれてて、栗ジャガと言われている人気のじゃがいも。

皮付きのまま素揚げされてて、1つはシンプルな塩味、もう1つは七味風の辛いスパイスがふりかけてあって、熱々、通常じゃがいもより、ホコホコ&甘みのある上質なフライドポテトだった。


もち豚ベーコン串焼 ¥300

もち豚ベーコンは、厚みがある大きめベーコンが2ヶ串打ちされてた。脂身が油っぽくなくコクがあって、質のいい豚肉で作ったベーコンならではの風味が感じられた。


(左)鹿児島焼酎 富乃宝山 ¥650
(右)越後の地酒 真稜
   純米吟醸(1合)¥800

いろんな料理を食べつつ、ビールの後は、鹿児島の焼酎、佐渡の地酒:真稜を注文した。佐渡は北雪酒造が有名だが、他にも酒造メーカーがあるということがわかった。


白茄子と豆腐の揚げ出し ¥500

白茄子も豆腐も素揚げしてあって、同じく素揚げのししとうを添えて、たっぷりの大根おろし、おろししょうが、ねぎ、切りのりをトッピングし、少し甘口のだしがはってあった。

白なすは、身が繊細で柔らかく、豆腐は素揚げしてあるため厚揚げ風の食感になってた。


(左)もずく酢 ¥500
(右)枝豆 ¥500

もずくは歯ごたえがあって、枝豆は甘みがあった。この2つは新潟に来たら欠かせない定番料理かも。


濃厚焼ラーメン ¥650

濃厚焼ラーメンは、店の人気のメニューとのことで、隣席に座ってた2組の客も注文してた。

ステーキ用の鉄板に、縮れた太麺が、豚肉、玉ねぎ、キャベツ(大きめに切ってある)、赤パプリカと一緒に、とんこつ風のタレを絡めて炒めた状態で盛りつけてあって、小ねぎがトッピングされてた。

ジュージュー熱々で、大きめのキャベツがシャキシャキと食感がよく、鉄板の上で焦げたとんこつ風味のタレが香ばしく、数人で食べたら、あっという間に完食しちゃった。

さらに注文した、村上牛ガーリック炒飯¥750(写真を取り忘れた)は、ごはん粒が立体的なまま、玉子、肉が均一に混ざるよう、パラパラ状に炒めてある和風のチャーハンだった。


(左)生グレープフルーツ酎ハイ ¥500
(中)生レモン酎ハイ ¥500
(右)カルピス酎ハイ ¥450

途中、生グレープフルーツ酎ハイ、生レモン酎ハイ、カルピス酎ハイなどを注文した。カルピスは甘口で、生グレープフルーツと生レモン酎ハイはさわやかで、どっちも飲みやすくて、みんなでいろいろお替わりしてしまった。


持ち帰り:かっぱ巻 ¥250
     おにぎり2ヶ(鮭、たらこ)¥400
       (写真は少し食べた後)
     串炙り焼(鶏首皮3本)¥300

いい気分で、作りたての温かい料理を数品、ホテルに持ち帰った。

敷居が高くなく、値段も手頃で、今風の気の利いた料理がそろってて、飲むだけではなく、食べる事が目的でも満足できる居酒屋。新しい店だが、新潟の食材が豊富。思う存分飲み食いしてしまった。アーケードの商店街は人影まばらだったが、この店は満席で、新潟人の味覚のレベルの高さが実感できた。おすすめ度は、7.3。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

 ■居酒屋『胡坐屋 (あぐらや)』古町店
  新潟県新潟市中央区古町通7番町1014 電話:025-225-2330
 営業時間:17:30〜翌2:00
       (LO1:00)
 金土祝日前:17:30〜翌4:00
       (LO3:00)
 定休日 :不定休