新潟市の古町の居酒屋。2009年6月にオープンしたそう。

商店街のある西堀前通りと古町通りとの間の細い路地沿いにある。

外壁が鏡面タイル張りのモダンな3階建ビルの1階に店があった≫人気blogランキング



夕暮れ時に、鍋茶屋通りなどの飲み屋街をぶらぶら歩いてる時にみつけた。

店の前に、「山北寝屋漁港直送、豊里丸、長栄丸、漁師公認の店」

と書かれ、黒板には、釣りアジ、めくら穴子など、珍しいメニューが書かれてた。よっぽど魚介類に自信がありそうなので立ち寄った。



入ると、店内は予想外にコンパクト。まっすぐ奥の方へと通路が伸びてて、通路の左手前が6人用個室で、その奥が厨房とそれに面したカウンター席。



通路の右手は、板張りの小上り(4人卓×3)になってた。

髪を結った和服姿のすらりとした女性にいらっしゃいませと、迎えられて、席に案内された。

  
 

珍しいメニューがあって面白い。まずは生ビール¥450を注文!

厨房で料理してた、40代位の男性が店主のよう。厨房の手伝い&接客をしてる女性が2人いて(1人は店主の奥さん?)、3人で切り盛りしてた。

店内は、あっという間に満席になった。早い時間に入って良かった。


生ビール¥450&お通し¥400

すぐにお通しと共に、ビールが運ばれてきた。

箸置きの“うり坊”がまたかわいくて、ビールがどんどん進みそう〜。

料理は、最高級バイ貝刺身¥750、めくら穴子のカリカリ焼き¥1050、あわびの藻塩蒸し肝正油添え¥1250など、ビールをグビグビ飲みながら、思いつくまま注文した。

料理は順番に運ばれて来たが、焼物はじっくり焼いてあるためか、少し時間がかかってた。


最高級バイ貝刺身 ¥750

濁りのないきれいな色のバイ貝は、薄くスライスしてあって、食用菊などを添えて、彩りよく盛りつけられてた。全くクサミなく、コリコリとした食感&甘みが心地よかった。バイ貝は新潟ではよく食べるが、最高級と付いてあるだけのことはあって、今まで食べた中で最も鮮度のいい上物だった。


白身3種盛り ¥950

3種盛りは自分で選べた。白身魚は、アイナメ、キス、ハチメの3種盛り。濃淡の赤身のある半透明の身が美しく輝いてた。

ハチメって、=メバルのこと?魚介の名称って、地域によって違うことが、最近ようやくわかってきた。


めくら穴子のカリカリ焼き ¥1050

めくら穴子は、漁師さんたちの呼び名かと思ったが、メクラアナゴという和名のホラアナゴ科の魚類がいたのでそれかも。差別用語が含まれてるということで、2007年アサバホラアナゴとなったが、地元では魚は通称で呼ばれることが多い。

深海(この種では比較的浅い海)にいるので、目は皮膚の中に埋没していて、外見では目がないように見えるので、こう呼ばれている。

よく焼いてあって、表皮の部分は弾力があって香ばしい。こりこりしてて珍味。


あわびの藻塩蒸し、肝正油添え ¥1250

あわびの藻塩蒸しは、やや小ぶりの蒸しアワビで、ほんのり塩味がついてて、肝入りの正油が添えてあった。鮑の芳醇な味が楽しめた。


岩船産四ッ葉ポーク(塩焼)¥800

岩船産四ッ葉ポークは、ジューシーに焼いてあって、脂身の部分がギトギトしてなくて、とても食べやすかった。


うなぎの白焼(半身)¥950

うなぎの白焼は、表面がこんがりキツネ色に焼いてあって、とにかく香ばしかった。白焼のうなぎは、普通の焼魚みたいな味がすることが多いが、ここの白焼きはちゃんとうなぎの香ばしさがストレートに伝わってくるものだった。


佐渡まぐろカマ塩焼 ¥950

佐渡まぐろのカマ塩焼きは、少し小ぶりのマグロのカマが表面こんがり焼いてあって、中はふっくらしっとりと焼けてた。

大間のマグロが有名だが、日本海を回遊する黒マグロは、実は佐渡でも穫れて、通称:佐渡マグロと呼ばれ、新潟の名産。


(左)枝豆 ¥550
(右)天然新もずく ¥550

枝豆は、甘み&風味よく、天然新もずくは、ぬめりが強く、歯ごたえがあって、野性味のあるもずくで、スーパーなどで販売されてる味付の品とは、全く別物だった。


天然岩のり(あぶり)¥650

天然岩のりを食べるのは初めて。繊維がしっかりしてて、コリコリとした直感。ラーメン店でたまに見かける岩のりと比べ、すっきりして濃い味わいなので、酒の肴に向いてる。


あじとアスパラの1口フライ ¥750

鯵は身が繊細で、アスパラのシャキシャキ感と相性がよかった。鯵フライは貧乏な食べ物!と思ってる人もいるが、上質な鯵のフライは、実は極上のメニュー。


焼酎(左)朝堀り(ロック)  ¥600    
  (右)八海山焼酎よろしく千萬あるべし
    (ストレート+チェイサー)¥500

朝堀りは、芋の味がくさみ無くストレートにする焼酎。
八海山焼酎は、ストレートで飲んでもすっきりとしたさわやかな味。


お土産用お米(岩船産コシヒカリ)

帰りに、メニューに載ってたお土産用の岩船産コシヒカリを購入してきた。

新潟の中でも特に新鮮で珍しい魚介類が楽しめる店。たまたま見つけて入ったが、しっかり飲んで新潟の食を満喫できて幸せな気持ちになれた。おすすめ度は、7.4。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

 ■居酒屋『うり坊』
 新潟県新潟市中央区
  西堀前通8-1515-2
 
電話:025-228-7327
 営業時間:17:00〜24:00
      (LO23:30)
 定休日 :日曜、祝日