茨城県の牛久駅から2km程南東にある蕎麦店。

石敷のアプローチを進んで行くと、玄関前で御影石の布袋様に迎えられる。

建物南側に広い駐車場があった≫人気blogランキング



梯子型火の見櫓の看板、植栽&石がある広い庭に囲まれた老舗っぽい風格漂う外観。交差点近くにあってとても目立つ。



ゆったりとした間口の玄関入ると、店内は、縦に長い長方形型。

入ってすぐの空間には、大きめの囲炉裏型テーブル席(10人用)が置かれてて、その奥は奥まで伸びてる通路の左手:小上がり席(6人卓×4)、右手:ボックス風のテーブル席になってた。

さらにこの右手に広いお座敷席があるのが、駐車場から歩いて来る時に見えたが、昼間は使われてないよう。

窓からは、手入れの行き届いた松まどが見えてて、ゆったり落ち着ける雰囲気。

奥からやってきた、接客係の女性にいらっしゃいませと迎えられて、席に案内された。

  
 

セットメニューもありますとすすめられたが、グランドメニューから、天ざる¥1200、かき玉そば¥900を注文した。

店内には、作業着姿の男性2人連れ(常連さん?)などがいた。

少し待って、料理が運ばれてきた。


 天ざる ¥1200

天ざるは、機械打ちらしい形の整った茶色のそばで、切り海苔のたっぷりかかってた。天ぷらは、海老、なす、ししとう、さつまいもの4店盛りで、ほんのり黄色かかった衣でカリッと揚がってて、そばつゆ、天つゆ、薬味(わさび、ねぎ)が添えてあった。


 かき玉そば ¥900

かき玉そばは、そばの上から、とろみの強めのかき玉入りのつゆが掛かってて、超熱々だった。

食べ始めはちょっと、味が濃いめに感じたが、食べ進んでいくと、そば&そばに含まれてた水分と、とろみのあるかき玉入りのつゆとがなじんで、だんだんちょうどよくなっていった。

学校の調理実習で最初に作ったのが、かき玉汁だった。そんなこともあって、シンプルだけれど何だか、なつかしい味のそばだった。


 そば湯

そば湯は、ほとんど濁りのないナチュラルなものだった。

メニューが豊富で、ゆったりできて大きな宴会もできるそば処のよう。昔からこの付近で宴会場も兼ねた中心的な飲食店のよう。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

 ■趣味のそば処・釜めし
『志波田(しばた)』
 茨城県牛久市女化町1114
 電話:029-874-0078
 営業時間:
 定休日 :