千葉県我孫子市の鰻店。我孫子駅から、500m程南にある。

もともとは、川魚卸業だった店とのことで、創業は江戸時代ともいわれてる。

道路沿いには、建物裏手にある駐車場の案内板が出てた≫人気blogランキング

江戸時代〜昭和30年頃まで、うなぎがたくさん穫れた手賀沼周辺には、7〜8店の鰻店がある。その1つ。



我孫子駅から、手賀沼へと、南に伸びる、なだらかな下りになってる道路の途中にある。



間口が3間半程のこぢんまりとした2階建てで、中央部分に2つ入口がある。

暖簾の掛かってる、左側が鰻店の入口。ここを入ると、店内は幅が狭く奥行きがある形。入口近くは、壁際にテーブル席(4人×2、2人×2)が配置されてた(入口すぐ脇には階段があって、2階席もあるよう)。さらに奥(ガラスの間仕切りの奥)には、小上がり席(6人×2)があった。

いらっしゃいませと、50代位のにこやかな女性に迎えられて、空いてる席に座った。

 

暖簾の掛かっていない右手の入口の中は佃煮売場。ガラスのショーケースの中には、はぜ、わかさぎ、えび、ざっこ、あさり、うなぎなどの佃煮が並んでた。

厨房に面したガラス窓には、うな重弁当、蒲焼きの価格表が貼られてて、持ち帰り鰻の販売コーナーも兼ねた売場になってた。



メニューから、きも焼き¥630、うな丼¥1365、うな重(竹)¥1575、(竹)¥1575を注文した。

少し待ってたら、料理が運ばれてきた。


 きも焼き(2串)¥630

きも焼きは、ぷりっと立体的な肝が、細身に串打ちされてて、臭みはなく、肝らしい苦みがあった。


 うな丼 ¥1365

うな丼は、肝吸いは付いてないメニューで、蓋付きの丼で運ばれてきた。

ごはんの上には、少し小さめの蒲焼き2枚がごはんの上に載ってた。

うなぎは、皮の部分がいくらか縮んで、その分厚みが増してる感じ。炭火焼きのような皮と身の一体感にはかけるが、身はふっくらとしてて、甘めのタレが適度に絡んでた。

鰻の量は控えめながら、年配の人や子どもにはちょうどよさそうな量で、肝吸いなしの分、リーズナブルに食べられる。


 うな重(竹)¥1575

うな重(竹)は、肝吸い&漬物付きで、四角い器によそってあった。

ごはんの上には、部位はちがうものの、少し小さめの蒲焼き2枚がのってて、うなぎの量はうな丼とほぼ同量って感じ。

肝吸いは、しいたけ、麩、三つ葉などが入ってた。


 うな重(菊)¥2310

うな重(菊)は、大きめの器によそってあった。器が大きい分、ごはんは浅くよそってあった。


上:うな重(竹)、下:うな重(菊)

比べると、(菊)のうなぎは、大きくて、その分若干身厚に感じた。

帰りに、販売コーナーで、うなぎの佃煮¥945、うな重弁当(竹)¥1470を買った。

厨房では、小柄な感じの店主らしき男性が、上火式グリルの脇の作業台のところで、大きめの金網で焼いてる鰻のひっくり返してた。



うな重弁当(竹)¥1470

うな重弁当(竹)は、ごはんの上に、小ぶりなうなぎが2枚載ってて、漬物、タレが付いてた。

店内で食べた方が焼きたての風味が味わえるが、ほんのり温もりのある鰻弁も、うなぎの香りがごはんに移ってて、落ち着いた味が楽しめた。


うなぎの佃煮 ¥945

うなぎの佃煮は、塩分濃いめの味付けになってて、お茶漬けなどにぴったりだった。

近所の人らしき客で賑わってて、入れなくて帰ってしまう人もいた。江戸時代から鰻を食べてる地域らしく、地元の人が日常的によく使う店のよう。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

 ■うなぎ『西周』
 千葉県我孫子市白山1-3-16
 電話:04-7182-1421
 営業時間:11:00〜20:00
 定休日:火曜日
 (祭日の場合は翌日休み)