千葉県我孫子市のうなぎ店。日本人は江戸時代から鰻を食べるようになったが、この付近には鰻屋が多い。

道路沿いに店があり、2007年に改装オープンした白壁の建物。

我孫子駅南口から、300m程南に位置する≫人気blogランキング



一見すると2階建てのようだが、段差のある地形に建つ4〜5階建てで、下の階はマンションで、上階が店舗になってる。

駐車場は店頭の数台分の他に、道を挟んだ向かい側の路地脇にもあった。

 c

玄関脇に掲示されてたメニューを見つつ、暖簾をくぐって、店の中に入ると、左手(壁の奥)が厨房になってて、正面奥へと伸びてる通路を入っていくと、正面〜左手が横長の形の客席になってた。



窓が大きく明るい客席は、木を感じさせるベージュを基調に、テーブルや座布団などに黒や赤が使われてて、和風でモダンな雰囲気。小上がり(6人卓×2)とテーブル席が2列に配置されててた。



 

メニューから、うな重の並¥1200、上¥1500、大串¥2200と茶碗むし¥420、きも焼¥250を注文した。

少し待って、料理が運ばれてきた。


きも焼(1本) ¥250

竹串に、形よく細打ちされた肝は、苦みなく食べやすかった。


茶碗むし ¥420

濁りのない薄黄色の茶碗むしは、つるんと滑らかな食感で、うなぎ店らしく、ちゃんとうなぎ入ってて、うれしかった。


うな重(並重)¥1200

並重は、お重に、ごはんがやや押し付けるように平らに盛られてて、その上に小さめのうなぎ(半身くらい?)が乗ってて、肝吸、漬物が付いてた。

うなぎは、焼色控えめに焼いてあって柔らか。ほんのり甘さの勝ったあっさりめのタレが、絡んでて上品な味わい。


うな重(上重)¥1500

上重は、ごはんの上に、小ぶりなサイズ(並重と同じくらいのサイズ)のうなぎが1匹分載ってた。


うな重(大串重)¥2200

大串重は、ごはんが見えないくらい、しっかり大きめの鰻が載ってて、豪華な印象。大きい分、身に厚みもあって、ボリュームたっぷりで、うなぎが堪能できた。

うな重が並重とはいえ、¥1200で食べられるので、近場にあったら、毎週でも行きたい店。木曜日は限定サービスで、大串重が¥1890の割引価格になる。我孫子市付近にはうなぎ店がたくさんあり、日常的に食べる人が多いみたい。甘さ控えめであっさり食べられる洗練されたうなぎ店。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■うなぎ『宇田川』
 千葉県我孫子市白山1-3-5
 電話:04-7182-1024
 営業時間:
  11:00〜14:30(LO)
  17:00〜20:00(LO)
  土日祭は11:00〜20:00
 定休日:月曜日
    (祭日の場合は火曜)