酒田市にある割烹。

横長の建物で、寿司店『武蔵』と割烹定食『伊豆菊』が併設されてる。左手が寿司店、右手が割烹の入口になってた。

酒田駅の西南西約1kmのところにある。

道路を挟んで北側と西側に駐車場があった≫人気blogランキング

 

夜に立ち寄ってみた。

右手の割烹側の入口から中に入ると、2重になってる玄関扉の間に、メニューが掲示されてた。



さらに、その先の扉から中にはいると、正面左手奥が広めの厨房になってて、右手側に、中央にテーブル席、それを囲むように、コの字にお座敷席が配置されてた。

接客係の女性に、いらっしゃいませと迎えられて、席に案内された。

  
  

メニューから、庄内浜刺身盛合せ¥1800、のどぐろ軟骨揚¥350、酒田名物むきそば ¥400などの、つまみ系メニュー数品と、とんかつ定食¥1330など食事メニューをいくつか注文した。


(左)ほたるいか沖漬 ¥350
(右)酒田名物むきそば ¥400

ほたるいかの沖漬は、醤油味の塩辛って感じ、お酒のぴったりの珍味。

むきそばは、酒田の郷土料理。茹でたそばの実に、温かいそばつゆがかけてある料理で、立体感のある粒粒とした食感と素朴な味わいがここちよく、クセになりそう。


庄内浜刺身盛合せ ¥1800

庄内浜刺身の盛合せは、甘海老、ヤリイカ、鯛、白身魚3種の地物6点盛りで、養殖や輸入品とは違って、身がプリンと引き締まってた。


のどぐろ軟骨揚 ¥350

のどぐろ軟骨揚は、頭や中骨の部分が、カラッと揚げてあって、パリパリ香ばしく食べられた。


かっぱ巻 ¥600

かっぱ巻は、みずみずしいきゅうりが庄内米の酢めしできれいに巻いてあって、さわやかにたべられた。


カツ丼 ¥950

カツ丼は、作り立ての熱々。甘からいタレ+卵でしっかりめにとじて、高級感のある四角いお重によそってあった。

肉に厚みもあって、吸物、漬物、デザートが付いてて、お腹いっぱいになった。


とんかつ定食 ¥1330

とんかつ定食は、大きなお膳で運ばれてきた。

とんかつは油切れよく揚がってて、生野菜、マカロニサラダが添えてあって、ごはん、みそ汁、小鉢、漬物、デザートが付いてて、ボリュームたっぷりだった。


中にぎり寿司 ¥1500

にぎり寿司は、まぐろ(赤味)、甘海老、帆立、いくら、イカ、カニなど8貫+玉子焼、細巻3ケが盛り合わせになってて、吸物、デザートが付いてた。

魚介の鮮度がよく、いくらはたっぴりトッピングされてて、値段以上の満足度が得られた。

酒田の食材と雰囲気が楽しめた。メニューが豊富なので、いろんな世代の人が行っても楽しめそう。いろんな所で食べ歩くのも楽しいのが良くわかった。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■割烹食堂『伊豆菊』
 山形県酒田市中町2-1-20
 電話:0234-22-3216
 営業時間:11:00〜21:30
 定休日:第1木曜日