新潟市の名物“タレかつ丼”の店。

『とんかつ政ちゃん』は、“タレかつ丼”発祥の店『とんかつ太郎』で修行した高橋正光氏が昭和40年に独立して開業し、現在、新潟市内に4店舗ある。

その内、沼垂店、牡丹山店、青山店の3店舗と、タレかつ丼専門店『かつ丼 政家』は、高橋正光氏の長男の系統の店なのに対し、この姥ヶ山店だけは次男の系統で、雰囲気やメニューが違ってると聞いたので行ってみた≫人気blogランキング



新潟駅南口のロータリーから、まっすぐ南に約2.5km行き、東に入ってすぐ(新潟市弁天橋通郵便局の隣り)にある。

店頭が10台程の駐車場になってて、寄棟屋根と壁に欄間風の飾りのあるちょっとレトロな雰囲気の平屋建。



茶色の暖簾をくぐり、2重の玄関扉を入ると、正面〜右手が広めの厨房とそれに面したL字のカウンター席になってて、カウンター席を囲むように、右手前にテーブル席、右手奥がお座敷席になってた。

天井に竹があしらってある店内は、温かな電球色に照らされて、少し古めいてて、使い込んだ感じが老舗らしく、昭和っぽく落ち着ける雰囲気(沼垂店よりも古い感じ)。

接客係りの若い女性2人に、いらっしゃいませと迎えられて、席に案内された。厨房では、30代位の男性3人が働いてた(この中に3代目がいるのかも)。

 
 


メニューを見ると、確かに沼垂店とはかなり異なる。ミニかつ丼¥950、かつ丼¥1100、ヤキメシ¥1100、朝日豚とんかつ定食¥1480、ポークソテー定食M¥1590を注文した。

ポークソテー定食は、3種のソース(デミグラス、にんにく醤油、生姜醤油)から、人気のデミグラスをチョイスした。

ちょっと待ってたら、トレイで料理が運ばれてきた。


ミニかつ丼 ¥950

ミニかつ丼は、ごはんの量控えめの2枚タレかつ丼に、ミニサラダ、みそ汁、浅漬が付いてた。

タレかつは、たれカツらしく肉厚は薄めながら表面積大きく、醤油色のやや濃い
甘めのタレがたっぷり絡んでた。肉質柔らかいので食べやすく、肉が大きくて見た目より食べ応えがあった。


かつ丼 ¥1100

かつ丼は、4枚タレかつ丼に、みそ汁、浅漬が付いてた。かつ丼のごはんに、タレが多めにかかってた。

ミニかつ丼と¥150しか違わないが、サラダのかわりに、タレかつが2枚多く入ってて、タレかつ丼自体をしっかり味わえる内容になってる。


ヤキメシ ¥1100

ヤキメシは、四角い大皿に、濃い色に炒めてあるヤキメシが盛り付けてあって、小ネギがトッピングされてて、みそ汁、浅漬が付いてた。

豚肉、竹の子、玉ねぎが入っていて、焦げ色が付くまでしっかり炒めてある玉ねぎの甘さが効いてて、しっとり洋風のヤキメシになっていて、沼垂店の和風のヤキメシとはかなり違いがある。


朝日豚 とんかつ定食 ¥1480
(ライス、生野菜、みそ汁、浅漬付)

朝日豚とんかつ定食は、厚みのあるロース肉が細かめのパン粉をまぶして、油切れよく揚げてあって、千切りキャベツ、マカロニサラダ、トマト、レモン、マスタードが添えてあった。ライス、みそ汁、浅漬が付いてた。



ポークソテー定食M(デミグラス)¥1590
(ライス、生野菜、みそ汁、浅漬付)

先にサラダ&マヨネーズが運ばれてきてから、ポークソテーとライス&みそ汁が運ばれてきた。

ポークソテーは、香ばしく炒めてあるロース肉(厚みがある)に、バターと炒めたニンニクが載ってて、デミグラスソースがたっぷりかかってて、マッシュっぽいポテトサラダが添えてあって、ライス、みそ汁、浅漬が付いてた。


シャーベット(サービス品)

食後、女性にはシャーベットがサービスされて、うれしかった。

とんかつといえば、和食の延長上にある料理だと思っていたが、この店は、洋食のエッセンスが効いてて、洋風のこってりした料理が味わえる。

ポテトサラダが『とんかつ太郎』のと似てたり、店内がレトロだったりするので、『とんかつ政ちゃん』が創業した時の味と雰囲気に近いのかも知れない。長男系統の店と食べ比べるのも面白いかも。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

 ■『とんかつ政ちゃん』
 姥ケ山(うばがやま)店
 新潟市中央区弁天橋通2-6-17
 電話:025-286-7088
 営業時間:11:00〜15:00
      17:00〜21:00
 定休日:月曜日