土浦駅西口の近くに古くからある居酒屋。

夜は、やきとりなどもあるようだが、看板に磯料理と表示されてて、魚介類を得意としてる店のよう。

目立たないが駅のすぐ近くの便利な場所にある≫人気blogランキング



土浦駅西口のロータリーから南側に行く路地、“味ののれん街 桜小路”を入って15m程のところにある。

小さな飲み屋が軒を連ねてて、少し寂れた様子が土浦の古くからの飲み屋街って感じ。

駐車場はないみたい。この小路を店からさらに70M南に行くと、『魚料理 服部』があり、その向かいの駐車場が昼は1時間100円と安かったので止めて行った。



店頭にランチメニューが掲示されてた。



店内は縦長の長方形型で、通路の右手が厨房とそれに面したカウンター席(10席)、左手が小上がり(4人卓×3)になってた。こぢんまりしてて、昔ながらの小料理店の感じで、落ち着ける雰囲気。

厨房では、40代位の男前のやさしそうな男性が働いてて、客席側では、60代位のやさしそうな女性が接客をしてて、家族経営的な温かな雰囲気。

壁にランチメニューの書かれたホワイトボードが掲示されてたので、海鮮丼を注文した。

あまり待たずに、トレイで料理が運ばれてきた。



 海鮮丼 ¥850

海鮮丼は、のりを散らした温かなご飯の上に、有頭海老、まぐろ、ぶり、イカ、たこ、いくらが、青しそ、小ねぎ、薬味(ショウガ、わさび)を添えて、きれいに盛り付けられてた。

魚介類は鮮度よく、くさみなくミズミズしい食感で、量的にもたっぷり。これに、小鉢、サラダ、みそ汁、漬物、果物が付いてて、充実した定食になってた。これで¥850円とはお得。


 うなぎひつまぶし丼 ¥850

うなぎひつまぶしは、注文受けると、うなぎをコンロで炙って作ってて、客席側にも香ばしいにおいが漂ってきてた。

においをかぎながら、期待しつつ待ってると、トレイに載せて運ばれてきた。

ひつまぶしは、丸い器に、うなぎ(半身くらい)が、白ごま、のり、三ッ葉、わさびなどを添えて盛り付けられてて、ごはん茶碗、小鉢、サラダ、みそ汁、漬物、果物が付いてて、だしの入ってる土瓶が添えてあった。

ご飯茶碗に、お箸で取り分けながら、うな丼風orだしを注いで食べた。うなぎは、香ばしく炙ってあるので、うな丼風に食べると風味濃厚で、だし汁を注いで食べると鰹の風味によって上品な味わいになった。

期待したよりもちゃんとしたうなぎで、量も割とあった。ひつまぶしは通常、二千円近くはするので、とってもお手頃価格のひつまぶし。


 大海老・カキフライ ¥800

大海老・カキフライは、カキフライ2ヶも大きかった。

大海老フライもカキフライもやや濃いめの色で、サクッと揚がってて、タルタルソース、キャベツ、トマト、きゅうり、レモンとともに、大皿に立体的に盛り付けてあって、小鉢、サラダ、みそ汁、漬物、果物が付いてた。

ごはんが、トレイに乗り切らず脇に添えてあって、豪華な定食だった。

土浦駅のすぐ近くにありながら、目立たないため、知る人ぞ知る隠れ家的ランチスポット。

見かけの派手さはないけれど、こんな所に厳選された季節感のある食材が用いてあるとは意外。土浦で、長年営業続いてきた理由がわかる。土浦駅に近いので、小グループで夜ちょっと飲んで行くのにも絶好の場所にある。お手頃価格で、サラダや果物もついてて充実したランチ。おすすめ度は、7.3。



応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


■季節料理『いち川』
 茨城県土浦市桜町1-6-6
 電話:029-824-3743
 営業時間:
 11:30〜14:00頃(月〜金)
 17:00〜
 定休日:日曜日?