新潟市古町にある高層ビルの最上階のイタリア料理店。

この店がある“NEXT(ネクスト)21”は、古くからの繁華街に、新潟市最高層ビルとして1994年5月グランドオープンした。

新潟駅前から2.3km北西にあり、萬代橋を過ぎて三越デパートの向かい側にある。最上部に尖塔型のオブジェのある、アーティスティックなビル≫人気blogランキング



ビル内に入ると、大きな吹きぬけになってて、小林幸子さん(平成19年9月から新潟市観光大使)の巨大な人形がある。

“NEXT(ネクスト)21”は、2003年、万代島ビル(=朱鷺メッセ、高さ143m」)に抜かれ、現在は2番目の高さ(125m)だが、新潟市のランドマーク的存在。オープン当初は、見物客で、建物内のみならず、市内の道路も渋滞してたとのこと。

地上1階〜5階は、東京、表参道の『ラフォーレ原宿』(グランバザールでは、1000人以上の行列ができる)の新潟店になってる。垂れ幕などがかかってて、華やかな雰囲気。新潟でも原宿の人気店で買い物ができるとは便利。

小林幸子人形の左手奥にエレベーターホールがあった。エレベーターは18階までしか行かない。エレベーターはシースルーなので、上昇していくにつれて、眼下に新潟市の風景が広がっていく…。高所恐怖症ぎみの私はちょっと怖かった。



18階で降りると、すぐ前にエスカレーターがあり、その脇に、
『IZAYOI(十六夜)』のメニューが掲示されてた。

 

エスカレーターで19階に上がった。19階は半分以上が、ガランとしてて何もない展望ラウンジになってた。

市街地とその向こうに、信濃川の河口と日本海が見えてる。繁華街の真ん中で、無料で展望台が楽しめるとは、お得。

 

エスカレーターを降りてすぐ左がに、『IZAYOI(十六夜)』の入り口があった。

弧を描くパネルの足元に、観葉植物が等間隔に配置されてた。階段を4段上ると、すぐ左手に入口があり、開いてた扉から店内に入った。

入ると、正面に通路が延びてて、この通路の右手に高低2段から成る客席が広がってた(左手には、個室と厨房があって、突き当たり正面は、ドリンク用カウンターになってた)。

扉のすぐ内側に立っていた、細身の接客係りの若い男性(「嵐」の二の宮くんに似てた)に、折り目正しくいらっしゃいませと迎えられて、通路中程にある階段を通って、席へと案内された。



天井が高く、2方向を丈のある窓に囲まれてて、最上階っぽいゆったりとした構造の店内は、天井に、三角・丸などの形状で配置された、吊り下げ式ライトが、葉っぱ風の傘をまといながら、店内を照らしてて、鏡面仕上げのテーブル&白い椅子(カバーがかかってる)が、2台の液晶テレビが配置されてて、スタイリッシュでハイセンスな雰囲気。

また、フロアーに段差を設けてあることによって、各席から景色が見えやすいだけでなく、立体感のあるムーデーな雰囲気になってて、展望レストランかつナイトスポット。

 
 

ランチメニューは¥950からと、意外なくらい手頃な価格。少し考えて、4種のランチから、パスタランチ¥1200とウインターランチコース¥2250を注文。

■パスタランチ ¥1200

シーザーサラダ

パスタランチは、先に小さめのガラスの器に盛られたサラダが運ばれてきた。

レタス、水菜の上に、サラミ、クルトン、パルメザンチーズがトッピングされてて、ドレッシングがかかってた。


ヤリイカ&彩り野菜のジェノバ風スパゲッティー

パスタは、4種類から、ヤリイカ&彩り野菜のジェノバ風スパゲッティーをチョイス。

絵の具のパレットのような形の白皿に、緑、白、赤、黄の混じった、カラフルなスパゲッティーが盛り付けられてた。

ヤリイカは小ぶりので、くさみなく上品で、ゲソまで柔らかかった。黄と赤のパプリカ、小松菜、玉ねぎが、食感と野菜らしい甘みを加えてて、鮮やかな緑色のバジルソース(=ジェノベーゼ)が、具と細めスパゲッティーとをまとめてた。


アールグレイのシフォンケーキ

食後には、ホイップクリーム、キャラメルソースを添えた、アールグレイのシフォンケーキが運ばれてきた。


紅茶

■ウインターランチコース ¥2250

フォカッチャ

ウインターランチコースは、先にオリーブオイル、パン皿が、その後すぐに籠に入ったフォカッチャが運ばれてきた。

フォカッチャは、ほんのり温めてあった。


アンティパストミスト(前菜5品盛り合わせ)

アンティパストは、金目鯛のエスカベッシュ、コンソメスープ、にんじん&ブロッコリーのムースなど、5品の盛り合わせだった。

コンソメスープは、客席で急須風のポットから注いでくれた。


胎内黒豚ベーコン&米粉パスタのアマトリチャーナ

パスタは、4種から、胎内黒豚ベーコン&米粉パスタのアマトリチャーナをチョイス。

米粉パスタはつるつるとした食感で、ベーコンのスモーキーな風味のやや濃い味のトマトソースがたっぷりめに絡んでた。量はやや控えめながら、パンチのあるパスタだった。


本日入荷鮮魚の香草パン粉焼き、彩り野菜添え
       アンチョビの香るバルサミコソース

メイン料理は、肉or魚から、魚料理をチョイス。

三角形の白皿に、パン粉をトッピングして香ばしく焼いた金目鯛、レンコンチップ、グリルしたミニトマト、じゃがいも、ブロッコリーなどを添えて、立体的に盛り付けてあった。


安田フロマージュのレアチーズ、ラズベリーソース

食後のデザートは、コクがあるのにヨーグルト風の酸味のレアチーズケーキだった。


コーヒー

展望台だけなら無料で楽しめるので、新潟古町に付近に来た時に一度は立ち寄るとよさそう。新潟の町が一望できて、新潟に来た気分を満喫できる。おしゃれなのに手頃なランチだし、夜も雰囲気がよさそう。こんな中心街に、意外に楽しめる店。おすすめ度は、7.3!!!

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■伊太利亜料理『IZAYOI(十六夜)』
 新潟県新潟市西堀通六番町866  NEXT21 19階
 電話:025-226-7030
 営業時間:11:00〜15:00、17:00〜23:00
 定休日:無休