茨城県守谷市の、手打そば&鴨料理の店。

市役所の南に広がる林を建物周囲に抱え、しっとり和風の佇まい。

店頭と建物脇が駐車場になってた≫人気blogランキング

 

近代的設計の守谷市役所(市庁舎)の東側を走る道路沿いにある。



色づいた紅葉の下の大きな岩にメニューが掲示されてた。

店頭の南側は竹塀で囲われ、飛び石や格子戸を施したアプローチが設けられてた。

ここをまっすぐに進み、暖簾をくぐり、細竹をあしらった引戸が入り口。

 

入ると、壁面に酒瓶(一升瓶)が飾ってある幅一間程の通路(椅子が置かれてて待合いを兼ねてる)があり、さらに進むと、正面奥〜右手が客席になってた。



客席は、奥が板張りの小上がり席(6人×2)と、壁を間に、隣りにテーブル席(4人×2)が配置されてた。



通路を挟んで、手前(右手窓際)が、レジとテーブル席(4人×2)になってて、右手奥(暖簾の奥)が広めの厨房になってた(男性が2人くらい働いてた)。

接客係りの女性にいらっっしゃいませと迎えられて、席に案内された。



 
 

レジ前に表示されてた、十割そば¥850と、ランチメニューから、鴨ねぎ丼セット¥1080、天丼セット¥1080、グランドメニューから、そばがき¥900、鴨のサラダ¥500、厚焼き玉子¥500などを注文した。

ちょっと待ってたら、料理が順に運ばれてきた。


 そばがき ¥900

そばがきは、そばつゆ(徳利&猪口)、薬味、お湯の入ってる中鉢、取皿を添えて、トレイで運ばれてきた。

そばがきは、表面に白など粒状に色の濃淡があって、混ぜてたのがわかるような、少しいびつな形で器に盛られてた。

控えめの水分で作ってあるようで、もっちりとしてるが、粘りは淡白で、乾きぎみの硬めの食感。色の濃淡から、粗挽きのそば粉で作ってあるのかと思ったが、それほど粒粒感はなかった。

お湯をはった中鉢が添えてあって、くっつかないよう、しゃもじを浸して、取り分けて食べるように説明された。


 鴨のサラダ ¥500

鴨のサラダは、ちぎったレタス、千切り大根、白髪ねぎ、赤と黄のパプリカ、にんじん、パセリなどが、こんもりカラフルに盛られてて、中華風のドレッシングが添えてあった。

シャキシャキ歯ごたえのい野菜の間には、5mm大くらいに刻んである、ザーサイと薫製の鴨肉が入ってて、風味と塩分のアクセントになってた。


 厚焼玉子 ¥500

厚焼玉子は、焼きたてで、ししとう、細か目の大根おろし&醤油が添えてあった。濃いめの黄色の層状に焼けてて、だし巻きではなく、甘めの味付けのものだった。


 ランチ:鴨ねぎ丼セット ¥1080

鴨ねぎ丼セットは、鴨ねぎ丼、せいろ(そばorうどん、冷or温から選べる)、小鉢、薬味、漬物のセット。

鴨ねぎ丼は、中丼に控えめによそってあるごはんの上に、甘からいタレの絡んだ鴨肉3ヶ&長ねぎ、三ッ葉、柚子が載ってた。少し厚みのある鴨肉は、肉質しっかりとしてた。タレは照りよく甘めで、ごはんにも適度にかけてあった。

せいろは、手打らしくややバラツキあるが、2.5mm位の太さの薄茶色のそばで、風味は軽く、しこしこと硬めの歯ごたえ。そばつゆは、滑らかな甘みが隠し味程度に効いてる、甘み控えめの濃い口タイプものだった。

小鉢は、切干し大根(甘めの味付けで柔らかく煮てあった)で、漬物は自家製らしく、いい塩梅の大根&きゅうりだった。

お手頃価格で鴨と蕎麦が味わえるのは嬉しい。


 ランチ:天丼セット¥1080

天丼セットは、天丼、かけそば(そばorうどん、冷or温から選べる)、小鉢、薬味、漬物のセット。

天丼は、ごはんの上に海老天2ヶが載ってて、甘めのタレがかけてあった。海老天は、色白の花を散らした衣をまとってて、サクッと揚げたてだった。

かけそばは、つゆとそばだけのシンプルなもの。つゆは甘み控えめだが、だしがどっしり効いててマイルドに味わえた。



 十割そば(田舎風) ¥850

十割そばは、太さ2mm位の薄茶色のそばだった。

田舎風と表示されてたので、太打ちかと思ってたら、他のそばより、いくらか細めのそばで、箸で手繰って持ち上げてみると、長さは短めで、色や風味はそんなにかわらなかった。



 あぶり鴨せいろそば ¥1300

あぶり鴨せいろそばは、温かいつけ汁&冷たいそばの組み合わせ。

甘さ控えめの濃いめのつけ汁の中には、焼き色の付いた長ねぎ+薄い鴨肉5枚くらい入ってて、粒子の細かい油分が浮いてた。肉の量は少ないが、つけ汁に、そばをくぐらせて食べると、鴨肉らしさが感じられた。


 そば湯

そば湯は、最初は注いだ時は、白濁しながらもサラサラしてたが、次に注いだ時は、ぽったり濃度が増してた。

蓋を取って中をのぞいたら、底の方に粉が多めに沈んでて、そば粉を加えてあるよう。もっとちゃんと溶けてた方が、飲みやすそう。

ゆったりとした場所にある風流でおしゃれな店で、カウンター席はないが、1人で来てる女性もいた。ランチがお手頃価格で楽しめるだけでなく、酒の種類やメニューが豊富なので、夜にお酒を飲むのにも良さそう。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■手打そばと鴨料理『一穂(いっすい)』
 茨城県守谷市大柏969-4
 電話:0297-48-5260
 営業時間:11:00〜15:00、17:30〜21:00
 定休日:木曜日、第3金曜日