ブログネタ
たまに行くならこんな店 に参加中!


つくば市の宴会場も備える和風レストラン。

榎戸交差点から約3.5km南の、国道408号の西沿いにある。

釜飯とうなぎが看板メニュー≫人気blogランキング



林を背景に建つL字型の建物。左手の2階建てが母屋で、右手の平屋建てが宴会場になってるよう。



コーナー部分にある玄関から中に入ると、正面が広めの厨房になってて、左手が、客席になってる。

 

柱&縦横の格子木で、奥:カウンター席とテーブル席、手前(窓際):小上がりと、緩やかに2つに区切られた客席は、障子越しに、柔らかな光が差し込んでて、落ち着いたクラッシックな雰囲気。

いらっしゃいませと、近所のおばさんみたいな接客係りの女性に迎えられて、空いてる席に座った。



 

 

ランチメニューとグランドメニューから、数品を注文した。

ちょっと待ってたら、料理が運ばれてきた。


 (昼限定)かつら弁当 ¥1050

かつら弁当は、4つに仕切られたお弁当箱に、ごはん、刺身、揚物、煮物&焼物が松花堂弁当風に、きれいに盛り合わせになっていて、みそ汁、漬物、天つゆが添えてあった。

揚物、煮物はいろいろな料理が少しずつ入っていた。


 (昼限定)とろろ飯定食 ¥1000

とろろ飯定食は、アジフライ&鶏唐揚げ、マグロ切身、とろろ、うずら玉子(生)、ごはん、みそ汁、漬物、デザート(カポチャのスイートポテト)付きだった。


 天丼 ¥750

天丼は、海老天が3ヶも入ってる7点盛りので、¥750とは思えないほど豪華だった。最近チェーン店などでは、加熱しても半透明のプリプリした食感の海老が多く、縮まないように高濃度のpH調整剤で処理されてるので風味が乏しいが、この店のは海老らしい風味が味わえてうれしかった。


 ロースカツ定食 ¥900

ロースかつ定食は、茨城産のローズポークを用いてるとのこと。

ちゃんとしたサイズ、肉質の濃いめの色に揚がった、香ばしいとんかつだった。


 鶏釜飯 ¥900

釜飯は、つくば産こしひかり100%で炊いてあるとのこと。

注文後、約20分程かかったが、炊きたての熱々の状態で運ばれてきた。お釜の蓋を開けると、湯気と共に、香ばしいにおいが立ち上った。

つやつやと炊けたご飯の上に、焼き色の付いてる鶏肉、鶏そぼろ、うずらの玉子、三ッ葉が載っていたので、しゃもじでちゃわんによそって食べ始めた。

もう少しお焦げがあってもいいかなとは思ったけれど、ふっくらと炊けてた。これに、みそ汁(出汁の風味のちゃんと効いてた)、サラダ、漬物が付いてて、千円以内とは嬉しい。



 五目釜飯 ¥1000

五目釜飯は、鮭、カニ、しいたけ、うずら玉子、そぼろ、三ッ葉などが入ってて、具沢山のリッチな釜めしだった。


 鰻重 ¥1800

うなぎは、愛知県三河一色産とのこと。

注文受けると、店主らしき60代位の男性が、カンター(端にあるコンロのところ)にやってきて、団扇を使って鰻を焼いていた。パタパタ団扇で扇ぐと、店内に鰻のいいにおいが漂ってきた。

ごはんの上に、やや小ぶりながら、艶のある鰻が載っていた。身はふっくら柔らかで、甘からいタレが、適度に絡んでて、サラダ、肝吸い(インスタントではない、かつお出汁)、漬物付きで、手頃な値段でしっかり鰻が味わえた。



 鰻釜まぶし ¥1800

鰻釜まぶしは、うなぎのひつまぶしの釜バージョン。3種薬味(わさび、のり、小ねぎ)+だしが付いてて、自分風にアレンジして、鰻が堪能できた。ここは料亭だけあってだしが上手にとってあった。多くのひつまぶしを食べたが、この店のうなぎ茶漬けがいちばん良かった。値段もうな重と同じで比較的お得。

目立たない場所にあるが、だしの風味がよく、本格的な和食店。地味な印象だが内容は充実しているメニューが多い。土日などは宴会で貸し切りのことが多いのも納得できる。レトロな雰囲気で、うなぎ、釜飯などいろんな和食が意外にお得価格で楽しめるのはうれしい。おすすめ度は7.2。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

うなぎと釜飯の店 和食 『桂』
 茨城県つくば市大井1576-2
 電話:029-872-7082
 営業時間:11:00〜14:30、17:00〜21:00
 ランチ:11:00〜14:30(火〜金)
 定休日:月曜日