土浦市民会館の西隣にある和風レストラン。

赤い屋根の横長の平屋建てで、店頭の駐車場の看板に釜飯と書いてあった。

近くにある「和風レストラン美波別館」と「ビジネス旅館美波」も同経営のよう≫人気blogランキング



土浦市民会館前の通りは、ココス、夢庵、ラーメン店など、いろんな飲食店が建ち並ぶ。さながらグルメ通りのようで、この店の看板は大きいが見過ごしそうな感じ。

 

玄関前にランチメニューが掲示されてた。

店の中に入ると、ホールっぽい空間になってて、正面の壁には、額入りの家紋が飾られてて、老舗の割烹のような雰囲気。

ここを中心に、左手は個室になってて、右手がレジと広めのテーブル席になってた(普段は右手のテーブル席を使ってる感じ)。



客席は意外に明るく広かった。いらっしゃいませと30代位の女性に迎えられて席に座った。

白い小壁&腰高の木柵によって、緩やかに2つに仕切られたテーブル席は、茶をベースに、球形の和風照明がかかってて、昭和っぽいレトロ感が漂う落ち着いた雰囲気。

 
 

メニューから、五目釜飯¥1260などを注文した。

20分位待って、料理が運ばれてきた。



 五目釜飯 ¥1260

和風盆に、釜飯、茶碗蒸し、小鉢、茶碗、みそ汁、漬物を載せて運ばれてきた。思ったより豪華な定食。

釜飯は、炊きたての熱々。釜の蓋を開けると、熱々の湯気と共に醤油の焦げたような香ばしいにおいが漂ってくる。

艶艶と光ってるごはんの上に、海老、カニ、山菜、しいたけ、にんじんなどが載ってた。

懐かしい水玉模様の茶碗に、数回に分けてよそって食べた(ちょっと蒸しが足りない感じだったので、最初は少なめによそった)。ごはんの量が多めで、ボリュームたっぷりだった。

茶碗蒸しは、やや薄味仕立てになってて、あっさりと味わえた。

つくば付近では釜飯が食べられる店は少なくなったがが、土日も夜も昼も釜飯で炊き立てご飯を食べると幸せな気分になれる。


 鶏釜飯 ¥840

鶏釜飯は、ごはんの上に、山菜、炙った鶏肉6ヶが載ってた。

炙った鶏肉のためか、ごはんの醤油色が濃いめだったが、食べてみるとちょうどいい味付けだった。

炙ってある鶏肉によって、風味豊かで香ばしい釜飯になっていた。


 かつ重 ¥840

かつ重は、揚げたてのとんかつが、玉ねぎ&玉子+少し甘口のタレでとじてあった。

衣の下の豚肉は厚みがあって大きく、見た目より食べ応えがあって、しっかり満足できた。



 ランチ:ミニ天丼と温そばセット ¥800

平日のお昼は、ランチメニュー(ドリンク付き)があった。この日はミニ天丼と温そばセットで、小鉢、漬物付きだった。

ミニ天丼は、中くらいの器に盛り付けてあった。ごはんの上には、海老、かぼちゃ、なすなどの天ぷらが載ってて、割とボリュームがあった。

そばは、そばつゆ&茹でたてのそば(乾麺のよう)で、つるつるのどごしよく食べられた。

場所柄、市民会館に来たついでに寄る人も多いみたい。昼時だったが、女性グループはクリームあんみつを食べてた。

お手頃価格で、昼も夜も充実した釜飯が食べられる。便利な場所にあり、ゆったりしているので気楽に立ち寄れる店。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■釜飯と和食の店『美波』 お店のHP
 茨城県土浦市東真鍋町2-12
 電話:029-824-0373
 営業時間:11:00〜22:00(LO21:00)
 ランチ:11:00〜14:00(平日)
 定休日:月曜日