つくば市二の宮の、かなり前からあるチャイニーズ店。

暖簾はなく、店頭に営業中の札が出てた。

西大通り沿いにあり、洞峰公園の交差点から200m程北にある≫人気blogランキング



西大通りからは入れない。その1本東側の道路側に、小さめの看板が出てて、玄関と駐車場とがある。

7〜8年ぶりで立ち寄ってみた



玄関入ると、右手が厨房、左手が客席(奥:広めのテーブル席で、手前:小上がり席)になってた。

3方向に窓がある客席は、明るく、ダイニングテーブルがシンプルに配置されてて、庶民的な感じ。



テーブル席の窓からは、西大通りが見えた。

 

メニューから、ラーメン¥500、五目そば¥700、エビ・肉・肝入り中華丼(三仙)¥700、野菜炒め¥600などを注文した。

厨房で働いてた、50〜60代位の男性が店主のよう。客席側では、エプロン姿の女性2人が働いてた。

驚くほど素早く、料理が運ばれてきた。どれも3分は経ってない感じ。


 ラーメン ¥500

・麺…軽く縮れた細麺
・スープ…醤油色の薄い、澄んだスープ
・具…焼豚、なると、ほうれん草、うずら玉子、長ねぎ

スープは、醤油色が薄く、だしが軽く、塩味で味を整えてあって、淡白な味わい。焼き豚は、脂身が少なく、ややかための食感だった。


 五目そば ¥700

五目そばは、麺の上に、炒めてトロミを付けた具(豚肉、小エビ、レバー、ほうれん草、白菜、しいたけ)が載ってた。



 エビ・肉・肝入り中華丼(三仙)¥700

ほうれん草のたっぷり入った、緑色の中華丼だったのでかなり驚いた。

ごはんの上に、トロミの付いた具(豚肉、レバー、小エビ、ほうれん草、竹の子、しいたけ)が載ってて、甘からい味付けが、食べやすい懐かしい味で、クセになりそう。


 野菜炒め ¥600

野菜炒めは、豚肉、キャベツ、もやし、にんじん、ニラ、しいたけが、炒めて、仕上げにトロミが付けてあった。強火で手早く炒めてあるので、水っぽさなく、野菜らしいシャキシャキした食感で味わえた。


 麻婆茄子(茄子の辛し味噌炒め)¥800

麻婆茄子は、縦切りの茄子、ひき肉が、ちょっと辛みの効いたタレを絡めて炒めてあった。

茄子は、揚げた(油通し)みたいで、超熱々で、家庭で作る麻婆茄子とはひと味違う感じ。

ちょっと濃いめの味付けになってるので、ごはんのおかずにぴったりだった。


 ライス ¥150

ライスには、スープ&漬物が付いてた。


 焼餃子 ¥400

焼餃子は、しっかりに焼き色が付いてた。
厚みのある皮がもっちりとしてて、食べ応えがあった。

目立たない店だが、料理も店内も、なんだか懐かしいチャイニーズ店。レバーが入ってる料理が多くてユニークだが、いつも客でいっぱいなのは納得できる。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■中華『ヤマト』
 茨城県つくば市二の宮2-1-4
 電話:029-852-3060
 営業時間:11:00〜14:00、17:00〜20:30
 定休日:土曜日