茨城町の手打そば店。水戸南ICから2km程南にある。

鄙びた風情の平屋建てで、茂り気味の木々に囲まれてる。

昭和53年創業。今では珍しくないが、自家製石臼挽そばの先駆者的店≫人気blogランキング



県道40号沿いに広がる長閑な景色の中にある。



店頭にメニュー(単品メニューのみ)掲示されてた。

玄関右手のそば打ち部屋を、ガラス越しにのぞきながら、暖簾をくぐって中に入った。



入ると、正面奥が厨房、その手前が囲炉裏型テーブル(4席)で、ここを挟むように、右手が石臼などの並んだ縦長のそば打ち部屋、左手が小上がり(4人卓×3)になってた。

囲炉裏テーブル&丸太椅子、古箪笥が置かれてた店内は、素朴な雰囲気ながら、埴輪、いろんな作風の大小の絵画、人形などが飾られてて、アトリエを兼ねてるような感じ。

厨房には、50〜60代位の男性と女性が働いてて、店主夫妻のよう。エプロン姿の接客係りの女性に、いらっしゃませと迎えられて、空いてる席に座った。



メニューから、天もり¥1600、生粉打ちそば(限定)のもりそば¥1200に、そば焼¥400、玉子焼¥600、そばがき¥900を注文した。

厨房から、パチパチと揚げ物をしてる音が聞こえてきたと思ったら、そば焼から順に料理が運ばれてきた。


 そば焼 ¥400

そば焼は、直径5cm強の円形の平べったい餅状のものが竹串に刺してあって、ネギ&醤油がかかってた。

竹串を手に持ってかじってみると、揚げたての熱々。表面がパリッとしてて、中はもっちりしてて、そば粉で作ったそば餅って感じ。

揚げたての状態で、ネギと醤油をかけてあるので、作りたてのおせんべいのように香ばしい。

おやつにもよさそうだが、酒の肴にぴったり。


 玉子焼 ¥600

玉子焼は、たっぷりめの醤油風味の出汁をはったお皿の上に、大根おろしを添えて盛り付けられてた。

玉子焼きは、甘みを含んだ味付けになってて、ふっくらと焼けてた。


 そばがき ¥900

そばがきは、中鉢の中に、湯などない状態で盛り付けられてた。やや多めの水分で練ってあって、個体と液体の中間的な形状のものだった。

食べてみると、ぽったり滑らかな食感で、クリーミーなそばがきって感じ。

添えられてたそばつゆに、薬味、かつお節を加えながら、味わった。


 生粉打ち もりそば ¥1200

生粉打ちのもりそばは、薄茶色の形状にバラツキのある手打ちらしいそばだった。口に含むと、表面にぬめりがあって、ざらざら&もっちりとひた食感で、若干ある粉っぽさの中にそば粉の香りが感じられた。

そば表面が凸凹してるせいか、水分を多めにのこってて、通常のそばよりやや水っぽい感じ。

そばつゆは、しっかりした甘さの効いたタイプのもので、小ぶりのとっくりにたっぷり(縁ぎりぎり)入ってた。


 天もり ¥1600

天もりは、生粉打ちより、少し茶色の薄いそばで、そばの風味もやや控えめの感じ。天ぷらは、きす、にんじん、海老、ピーマン、青しその5点盛りで、色白の衣はやや油分多めだった。


 そば湯

そば湯は、白濁してないナチュラルなものだった。

つくば市中心から約45分で来れるのにとっても長閑な地域にある。この土地の上質の水を用い、自家製石臼挽そばを古くから打ってる。茨城町にあり、とっても茨城らしい雰囲気が堪能できる蕎麦店。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■昔そば『若竹』
 茨城県東茨城郡茨城町若宮717-4
 電話:029-293-9125
 営業時間:11:00〜17:00
 定休日:水曜日