結城市のラーメン店。結城駅から300m程北にある。

のんびりとした昔風の商店街の交差点に建つ、ほんのり水色の3階建てビルの1階が店舗。

道路を挟んですぐ北側に、商店街の広い駐車場があった≫人気blogランキング



ビル北側の暖簾が目立つが、看板がある西側の階段脇が入口になってた。外壁の陰にひっそりとある喫茶店風の入口なので、その前を車で通ったが、店に気づかず通り過ぎてしまった。



店内はこぢんまりしてて、正面に小上がり席4人×4、その右手がテーブル席4人×2と厨房になってた。

高さを取るため、天井材をはらず、黒く塗られた鉄骨&配管が剥き出しになってて、ワイルドな雰囲気。

いらっしゃいませと接客係りの女性に迎えられて、空いてる席に座った。厨房では、50代位の男性と女性が働いてて、店主夫妻のよう。

 

テーブルの上にはメニュー表はなく、壁に貼ってあるメニューだけみたい。



ラーメン¥650、パーコーメン¥950、野菜炒め¥550を注文した。

注文後、厨房脇の小部屋から、店主が麺打ちしてる、ドスン、バタンという重量感のある音が聞こえてきた。客席から見えないが、この音から、麺打ちの様子を想像するのも何だか楽しい。

ちょっと待ってたら、ラーメンが運ばれてきた。


 ラーメン ¥650

・スープ…醤油色のやや薄い澄んだスープ、油分多め
・麺…やや平たい形のストレート麺
・具…焼豚、メンマ、青梗菜、のり、ねぎ

スープは、あっさりめの醤油味。甘みなく、まろやかな塩分がしっかり効いてて、塩味ベースの醤油味って感じ。とっても熱々だったので、ちょっと口がやけどしてしまったほど。

麺は、丸みのある少し平たい形で、幅3〜4m強くらいにだいたい揃ってた。角ばっていないので、口あたり滑らか。少し柔らかめに茹でてあって、伸びよくもっちりした食感が特徴。

スープの中に、麺同士が互いに隙間なく、密着するように沈んでて、見た目より麺のボリュームが多く食べ応えがあった。

焼き豚は、大きかく、柔らかすぎず、豚肉らしい弾力ある歯ごたえ。


 パーコーメン ¥950

・スープ…醤油色のやや薄い澄んだスープ、油分多め
・麺…やや平たい形のストレート麺
・具…焼豚、メンマ、青梗菜、のり、ねぎ

パーコーメンは、豚肉の唐揚げが、揚げたての状態でトッピングされてた。

豚肉は、厚みはやや薄めだが、とんかつ位の表面積があって、丼の半分以上を占領するように横たわってて、豪華な印象。

通常は、スープ→麺の順で食べ始めるのだが、つい豚肉の唐揚げから食べ始めてしまった。サクッと揚げてある衣の下には、下味がしっかりついてる豚肉があった。

食べ進むにつれて、豚肉の衣はスープを含んで、しっとりした食感と変わっていってく。脂っこくて、塩分も強くインパクトあるラーメン。


 野菜炒め ¥550

野菜炒めは、豚肉、にんじん、もやし、玉ねぎ、ニラ、キャベツが、シャキシャキした食感で炒めてあった。

チャーシューメンが食べたくて、再訪したら、正午前なのに店内は、数組の客でほとんど満席だった。


 チャーシューメン ¥800

チャーシューメンは、大きな焼豚3枚がメンマ、青梗菜、ねぎが入ってて、ボリュームがあった。

麺は、極端に太いものが混じってたりして、手打ち麺らしい感じ。混み合ってる時はは、太さにバラツキがでるのかも。


 天津塩ラーメン ¥800

天津塩ラーメンは、あんかけ風かと予想したが、スープにトロミはなく、違った品だった。丸い大きな玉子焼がスープの上に、蓋のように乗っかってた。玉子の層に気泡が出来る位、玉子焼はしっかり焼いてあり、玉子焼の中には、カニではなく、刻んだ焼豚、メンマ、ねぎが入ってた。

スープは、柔らかだけれどしっかり塩分があった。


 ギョーザ ¥350

ギョーザは、色よく焼けてた。具があっさり薄味になってて、家庭的で食べやすかった。


 パーコー ¥700

パーコーは、野菜炒め&豚肉の唐揚げとが盛り合わせになってた。一皿で2種類の料理が食べられるし、ラーメンと一緒に注文すれば、野菜ラーメン、パーコーメンなどのバリエーションが楽しめる。

手延べラーメンは、柔らかめのもっちりとした食感が、ここちよくクセになりそう。玄関脇には、酒ビンが並んでるし、モツ煮などもあるので、昼はラーメン店、夜は居酒屋として近隣の人たちで賑わっていそう。

ラーメン店にしては高めの値段設定だが、手延べの麺は、消化が良い感じ。パーコーラーメンだけでなく、チャーシューも肉の味がして、しっかりとしたラーメンが楽しめる店。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■手延拉麺『カーター』
 茨城県結城市結城344-11
 電話:029-632-9197
 営業時間:11:30〜15:00、17:00〜22:30
 定休日:木曜日