土浦市中村南にある居酒屋。

今風の尖った三角屋根の民家で、1階が店舗、外階段から上るように2階が住まいになってる。

建物裏手に数台分の駐車場があるみたい≫人気blogランキング



東大通りから国道6号へ、(学園東大通り入口の交差点を経由せず)東〜西へと抜ける道沿いにある。

道がなだらかなカーブを描く位置にあるため、見過ごしてしまいそう。



玄関脇の窓に掲示してあるランチメニューを見つつ、店頭の階段を2段上り、緑色の暖簾をくぐって店に入った。



店内は男性好みの純和風な造り。すぐ正面のラタン(=籐)製の衝立の奥がテーブル席(4人×2)で、それを挟むように、左手が厨房とそれに面したカウンター席(4席)、右手がお座敷席(4〜6人卓×3)になってる。

カウンター近くにいた50代位の男性が店主のよう。いらっしゃいませと迎えられて空いてる席に座った。



厨房前に、ランチメニューが掲示されてた。玄関脇の窓に掲示されてたのとは、値段が違うのもあった。ちょっと考えて、アジフライ定食¥700とカツ丼¥800を注文した。

 

一品メニューが豊富で、昼は定食店として、夜は割烹風居酒屋として営業してる店のよう。店内壁には、柳川鍋など季節感あるメニューが貼り出されてた。

店主は、注文受けると厨房で調理を始めた。込んでいない時は、1人で切り盛りしてるよう。

ちょっと待ってたら、トレイで料理が運ばれてきた。


 アジフライ定食 ¥700

アジフライ定食は、サクッと油切れよく揚がったアジフライ2ヶに、千切りキャベツ、マカロニサラダが添えてあって、ごはん、みそ汁、小鉢(蓮根きんぴら)、漬物が付いてた。

ごはんはたっぷりめで、みそ汁は具沢山(豆腐、とろろ昆布、ねぎ、油揚げ)、漬物のきゅうりは、大きめに切ってあって、男性向きの内容&ボリューム。


 カツ丼 ¥800

かつ丼は、揚げたてのトンカツで作ってあって、超熱々だった。トンカツは玉ねぎと一緒に、玉子で綴じてあって、三ッ葉と刻み海苔がトッピングされて、家庭的な少し甘めの味付けになっていた。

これに、サラダ、みそ汁、漬けもん尾が付いてた。


 コーヒー(サービス)

食べ終えると、ちょうどいいタイミングで店主がコーヒーを運んできてくれて、チューン店やファミレスなどと違って、温もりある対応って感じ。

外から見た目より店内はゆったり和の雰囲気でくつろげるので、のんびりできる。店主はてきぱきと料理をこなし、意外に素早く料理が出てきたので、昼休み時間でも行けそうで、コーヒーもついててゆったりしたランチがゆったり食べられるのでおじさんたちに人気がでそう。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■大衆割烹『大野屋』
 茨城県土浦市中村南4-9-26
 電話:029-841-7957