つくば市谷田部のチャイニーズ食堂

縦長の形の2階建てで、1階が店舗、2階が住まいになってる。

古い商店街の中にある≫人気blogランキング



つくば市役所の400m南東(東谷田川の東側)にあり、この通りにはホテル、酒店、スポーツ用品店、時計店、郵便局、用品店があって、メインストリートだった昔の栄華が偲ばれる。



赤色の暖簾をくぐって入ると、奥が厨房で、手前にテーブル(4人×5)が配置されてた(5つのテーブルのうち2つは壁にくっつけてカウンター席のようになってた)。

厨房と客席とを仕切ってある、カウンター風の棚のところには、年期の入ったペコちゃん人形など細々したものが飾ってあって、1つづつ丁寧に調べたら、なんでも鑑定団に出品できそうな品もありそう。また、棚の前(下の方)には、店の歴史を物語るいうに、岡持が10個くらい並んでた。

厨房のところにいた50代位のおばさんにいらっしゃいませと言われて、空いてる席に座った。厨房では、50〜60代位の男性が働いてて、夫婦で営んでる店のよう。

 

年期の入ったメニューを見ると、全体的に低価格で、特に炒め物が安い。ラーメン¥400、チャーハン¥450とギョーザ¥300を注文した。

料理を待ってると、店内右手のトイレ近くの壁の奥から、年配(80歳代?)のおばあちゃんが出てくると(2階から降りてきた?)、段差のある床を降りて厨房へゆっくり歩いていった。

店内には、先客が2組程いた。近所の人のようで、店の奥さんとのんびり話をした後、料理(たぶん餃子)をテイクアウトしていた。

少し待って、トレイで料理が運ばれてきた。


 ラーメン ¥400

・麺…ウエーブした中細麺
・スープ…油分中くらい、背脂なし、混濁
・具…焼き豚、メンマ、ほうれん草、ナルト、のり、ねぎ

昔風のシンプルなラーメン。おまけっぽく、なるとは2枚トッピングされてて、縮れが強くない中細麺と合わせてあって、庶民的。

焼豚は脂身が少なく小さめ、メンマは少し塩分が強かった。


 チャーハン ¥450

チャーハンは、ちょっと茶色っぽい色をしてた。グリンピースがトッピングされてた。刻んだ具(焼豚、なると、ねぎ、干しいたけ)が玉子と一緒に炒めてあって、しいたけの風味のためか、少し和風な味がした。

これに、みそ汁、漬物、ギョウザ用小皿がついてた。


 ギョーザ ¥300

ギョーザは、大きめサイズで、ボリュームがあった。皮は厚めで、もちもちしてて、中の具はニンニク風味が効いてた。

古くからある、地元密着型のチャイナ食堂って感じ。飾り気なく、割安価格なので、日常性格の中に溶けこんでる店って感じ。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■『平安食堂』
 茨城県つくば市谷田部5641-11
 電話:029-836-0245
 営業時間:11:00〜17:00頃
 定休日:日曜日