土浦市のラーメン店。

薄桃色の民家風の2階建てで、1階部分が店舗になってる。

玄関前に6〜7台分位の駐車場があった≫人気blogランキング



東大通りの土浦公設市場前交差点を東に折れて、200m程行った突き当たり交差にある。



入ると、すぐ左手に小上がり席(4人×3)があり、正面レジの右手奥が厨房とそれに面したカウンター席、その手前の窓際に通路を広めにとってテーブル席が配置されてた。

厨房では店主らしき60代位の男性と30代位の女性が働いてて、接客していた50代位の小柄な女性が奥さんのよう。広々してる店内は、家族経営らしい和やかな雰囲気。

いらっしゃいませと迎えられて、空いてる席に座った。

 

メニューから、ラーメン¥600、タンメン¥850、大勝ラーメン¥1050を注文した。

厨房から、揚げ物、炒め物の音が聞こえてきた後、料理が運ばれてきた。


 大勝ラーメン ¥1050

大勝ラーメンは、麺の上に豚肉唐揚げ、焼豚、メンマ、長ねぎがのってた。

豚肉は、片栗粉をまぶして、カラッと揚げてあった。豚肉は、大きさと厚みがあって、とんかつ店の中サイズのロースかつ位(110〜120g位)あり、期待より豪華でボリュームがあった。

上半分がスープから出ていたので、食べ始めは、スープに浸りながらも唐揚げっぽい食感だった。さらに焼き豚も入ってたので、それぞれの豚肉の食感や味の違いを楽しめた。


 ラーメン ¥600

・麺…縮れた中太麺
・スープ…油分中くらい、背脂なし
・具…焼豚、メンマ、のり、長ねぎ

大きめの和風丼に入ってて、スタンダードなラーメンなのにリッチな印象。

スープは、醤油色中くらい。混濁は強くないが、口に含むと、動物系だし+ほんのり魚系だしに柔らかな甘みが感じられる。

麺は、黄色が濃いめで、つるつるした食感。少しかために茹でてあるので、歯ごたえも感じられて、存在感あるのに、マイルドで食べやすい和風ラーメンになってる。

焼き豚は、軟らかいが豚肉らしい味と弾力があり、厚めで大きめだった。


 タンメン ¥850

タンメンは、たっぷり炒め野菜(キャベツ、もやし、にんじん、玉ねぎ、ニラ)が載っていて、作りたての熱々だった。

野菜は、スープと馴染んでるがシャキシャキとした食感。混濁したスープは、油分や野菜の風味が溶け込んでて、シンプルな塩味なのにコクがある。

野菜に歯ごたえがあるせいか、見た目以上に食べ応えがあった。

この数日後にまた行ったら、5月下旬に1週間ほどの休業があった。

 

休みの後、再訪したらメニューが変わってた。

ニラレバ炒めを注文しようと、メニューを裏表返して探したが、無かった。

ふと、カウンター席上部を見てみたら、張り出されてた短冊形のメニューの、左右1カ所づつ、計3枚ほどのメニューがはがされてて、壁がむき出しになってて、ようやくメニューが変わったのが分かった。

ニラレバ炒め、狙い撃ちで来店しただけに、ガ〜ン!とショックを受けてしまった…。

要するに、もやしラーメン、もやしみそラーメン、タンメン、五目そば、レバニラ炒め、野菜炒めが、メニューからなくなっていた。

コップの水を飲んで、気をとりなおして、ネギみそラーメン¥850、坦々麺¥850、ギョーザ¥400を注文した。

店の休業後のせいか、家族連れ、男性グループ、1人客などで結構込んでた。

少し待って、料理がはこばれてきた。


 ネギみそラーメン ¥850

ネギみそラーメンは、マイルドで素朴な味噌ラーメンだった。

麺の上には、たっぷりの縦切り長ねぎがトッピングされてて、熱々の味噌スープと馴染むと、絡みなく豊かな風味で食べられた。

香辛料などで華やかに調合された今風の味噌ラーメンではなく、どちらかというと、みそ汁に近い感じなので、食べててホッとする。

焼き豚も入ってたので肉好きの男性にもうけそう。


 坦々麺 ¥850

坦々麺は、ス―プに粒子状の白ごまが溶け込むように、浮遊してた。辛さは、甘口〜中辛って感じで、刺激的な辛さではないが、ゴマの溶け込んだマイルドなスープは、じんわり辛さが伝わってくる。

麺の上には、焼豚2枚、肉味噌とほうれん草がたっぷりめに載ってた。肉味噌は、粗めのひき肉で作ってあるみたいで、存在感があって、麺とよく絡んだ。

麺を食べ終えても、丼の底には、肉味噌が沈んでたので、レンゲですくって食べるスープって感じで味わった。

男子高校生は、担々麺+ライスを注文してて、確かにライスにも合いそう。


 ギョーザ ¥400

餃子は、ごんがり焼き色がついてて、パリパリ香ばしく焼けてた。

具がしっかり詰まってて、よけいな油分を加えず焼いてあるので、野菜&肉の味が素直に感じられた。

食事中、近くの席に座ったおじさん客が、メニューを何度も裏表返し見てから、とまどったように連れの男性に話しかけて、カウンター席上部のメニューのはがされた跡をみて、ようやくメニューが変わったことに気づいてた。

。焼き豚など、手づくりらしく丁寧に作ってあって、それぞれの素材の味が、ラーメンに生きてる。演出、味などを派手にして利益追求する今時のラーメン店とは対局にある。古き良き時代のしっかりしたラーメン店の感じ。タンメン、ニラレバ炒め、肉野菜炒めがなくなってしまったのは残念なので、おすすめ度は7.1としよう。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■『大勝(だいかつ)らーめん』
 茨城県土浦市西根西1-13-1
 電話:029-843-5823
 営業時間:11:00〜21:00
 定休日:水曜日