土浦市の、洋食と定食の店。東大通りから少し入ったところにある。

切妻屋根の民家風の2階建てで、1階部分が店舗。看板には、お食事、とんかつ、手作りハンバーグとある。

北側と南側の両方に駐車場が合わせて10台分以上あった≫人気blogランキング



東大通りから眺めるとわずかに店が見えるが、しっかり探さないと気がつかない、妙な位置にある。

敷地は、東大通りから北東方向に分岐する2本の道路に挟まれてるので、どちらの道からも入れる。



玄関脇に短冊のメニューが掲示されてて、うどん、そば、焼魚もあって、不思議な品揃え。



入ってみると意外に明るくで、ゆったりした店内。左手奥が厨房になってて、手前がテーブル席(2人×2、4人×3)、その奥には小上がり席(4人×3)になってた。

おしゃれさや、派手さのない店内は、庶民的で、ちょっぴりレトロで、落ち着ける感じ。

いらっしゃいませと、50代位のエプロン姿の女性が迎えてくれた。厨房には、50代位男性と女性がいて店主夫妻のよう。

 

メニューから、鍋焼うどん¥750、野菜炒め定食¥750、ハンバーグ定食¥900などを注文した。


 ハンバーグ定食 ¥900

ハンバーグ定食は、鉄板常連らしき人が食べてて、人気メニューのよう。

鉄板の上に、たっぷりのデミグラス風ソースのかかったハンバーグが載ってて、脇になす、にんじん、ポテトが添えてあった。

ハンバーグは、つなぎ少なく、手づくりって感じで、肉のジューシーさが味わえた。

外見から、定食とそばの店かと思ってたが、ハンバーグを食べたら洋食が主体だとわかった。それで店名にレストランとあるのだろう。


 豚しょうが焼定食 ¥890

豚しょうが焼定食は、豚肉が甘からいタレを絡めて炒めてあって、脇にたっぷり炒め野菜(キャベツ、にんじん、玉ねぎ)が添えてあった。焼肉と野菜炒めの2品の定食のようにボリュームがあった。


 ロースかつ定食 ¥850

ロースかつ定食は、ちゃんとした大きさのロースかつで、油切れよく揚がってた。衣は厚いという程ではないが、しっかりついてて、肉にボリューム感を与えてた。


 ミックスフライ定食 ¥880

ミックスフライ定食は、海老フライ、ヒレカツ、カキフライ2ヶが盛り合わせになってリッチな内容。海老フライは、期待してたより大きく、食べ応えがあった。


 野菜炒め定食 ¥750

野菜炒め定食は、ステーキが出て来るような鉄板にこんもりと盛られてて出てきた。もやし、ニラ、にんじん、豚肉、キャベツが、強火で炒めたよう。シンプルな味付けが施されてて、水っぽさなく、シャキシャキと野菜らしい食感で食べられた。

これに、ごはん、みそ汁、漬物、小鉢がついてた。


 鍋焼うどん ¥750

鍋焼うどんは、土鍋に入ってて、作りたての熱々。

関東風のやや濃い色のつゆの中に、太めのうどん(茹で麺)、海老天、エリンギ、なると、長ねぎ(斜め切り)、ワカメが入ってて、玉子が1ヶ落としてあった。

つゆは、食べやすく市販品かも。海老天は、厚めの衣にそばつゆがよく絡んでて、豪華さはないが、家庭的な鍋焼きうどんだった。つくば付近でかなり鍋焼きうどんを食べたが、ほとんどが千円以上で、750円とはお得。

常連っぽい男性客は、慣れた様子で店裏手にある勝手口から入店してきてた。のどかな雰囲気で、カウンター席はないが、男性1人でも気楽に来店できる。目立たないが、メニューも豊富でお手頃価格でボリュームもあり、作り立て料理が食べられる。常連客が多いのも納得できた。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■レストラン『あずさ』
 茨城県土浦市中村南4-6-31
 電話:029-842-8108
 営業時間:11:00〜14:00、18:30〜22:00
 定休日:日曜日