つくば市天久保にあるお手頃価格のチャイニーズ。

丈のある赤いテントを冠った平屋建ての店で、屋根にギョウザ、ラーメンと書いてある。

8年ぶりに行ってみた≫人気blogランキング



北大通りを、松見公園の交差点で北に折れて50m程行くと、右手に見える。
周囲の風景に赤が映えて目立つ。

開店前に着くと、店舗西側の駐車場には、すでに数台の車が止まってて、降りて待ってるおじさんもいた。
時間通りに暖簾が掲げられると、待ちわびてたように男性客がぞろぞろ入店していった。

満席になったら大変!と慌てて店に入った。



いらしゃいませと迎えられて、空いてる席に座った。

店内は縦に長い長方形型。右手が厨房とそれに面したカウンター席になってる。

 

左手は手前がテーブル席、奥が小上がり席(6人×2)になってる。

カウンターやテーブルが赤色で、異国的な女性のポスターが貼ってあって、活気のある庶民的な食堂。

開店直後だというのに、カウンター内では男性が2人(50代と40代位、ふっくらしてる男性が店主かも)客席側を向いた体勢で横に並んで、すでに料理を(炒め物やチャーハン)を作ってた。

その左隣りには、40代位の女性がいて、麺を茹でたり、カウンターの上に予め並べてあった器に、料理の出来上がりに合わせて、スープを注いだりしてた。

客席側では、白い調理着&三角巾を着用した接客係りの女性が3人、料理を運んだり、食器を下げたり、テンポよく働いてた。

炒め物をしてる男性の後ろには、切ったキャベツの入った大きなザルが置かれてて、人気店らしく、大量の野菜が使われてるよう

 

メニューから、野菜炒め¥450、ニラレバ¥600、チャーハン¥530、ラーメン¥400などを注文した。

ちょっと待ってたら、順に料理が運ばれてきた。


 野菜炒め ¥450

野菜炒めは、作りたての熱々。楕円の皿にこんもりよそってあった。

たっぷりのキャベツ+にんじん、ニラ、もやし、きくらげ、玉ねぎ、もやしが強火で炒めてあって、キャベツは芯の部分も混じってて、歯ごたえとボリュームがあった。


 ニラレバ ¥600

ニラレバは、たっぷりのニラの中に、レバー、玉ねぎ、にんじん、もやしが混じってて、香ばしく炒めてあった。


 チャーハン ¥530

チャーハンは、半球形にきれいに盛り付けられてた。

具(焼豚、かまぼこ、長ねぎ、玉子)は控えめだが、黄色、緑、ピンクが混じってて、きれいな仕上がり。油がギトギトしすぎてなくて食べやすかった。


 ラーメン ¥400

ラーメンは、澄んだスープ+中細縮れ麺。だしの風味あっさりめのスープは、油分は少し多めに浮いてて、具(焼豚、メンマ、のり、ねぎ、なると)がトッピングされてた。手頃な価格で食べられる庶民的なラーメンだった。


 もやしそば ¥530

もやしそばは、麺の上に、たっぷりめに炒めた野菜(もやし、豚肉、にんじん、ニラなど)が載ってた。炒めたもやしの風味がスープに溶け込んでて、風味よく食べられた。


 広東メン ¥550

広東メンは、麺&スープ+トロミのある具(キャベツ、小松菜、にんじん、うずら玉子、マッシュルーム、竹の子など)が載せてあった。醤油味というより、塩分濃いめで塩味っぽい味付けになってた。

食べはじめは、具とスープとが馴染んでないが、食べ進んでいくにつれて、境界がなくなり一体化していく感じ。トロミのある具は、あまり熱々じゃなくて、野菜もしんなりしてた。


 餃子 ¥350

餃子は5ヶ入り。注文受けると、冷蔵庫から取り出して焼いてた。

こんがり焼き色の付いた皮の中には、野菜中心の甘みのある具が入ってた。

土浦店とは、メニューによって価格が100円位違っているよう。
半チャーハンとか、麻婆メンとか、メニューに載ってない品を注文してる人がいて、常連さんしか知らないメニューがあるのかも。

チキンライス、ハヤシライス、目玉焼きとメニューがいろいろ揃ってて、気軽に立ち寄れる便利な店。お手頃価格でいつも満席の人気店なのは納得できる。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■中華料理『大成軒』学園店
 茨城県つくば市天久保1-7-13
 電話:029-851-6333
 営業時間:11:30〜20:00
 定休日:金曜日