長野県安曇野の山の斜面にある手打ち蕎麦店。平成9年にオープン。

『一茶庵』創始者の片倉康雄氏(1904〜1995)の直弟子:高橋邦弘氏の率いる達磨グループの店。

建物の裏手に、10台程止められる駐車場があった≫人気blogランキング

高橋氏の弟子の店から成る達磨グループは、「達磨・雪花山房」を筆頭に20の店がある。各店は、店構え、メニューが異なる。

高橋邦弘氏は、「一茶庵」片倉氏のもとで修行し、1975年に東京都豊島区にそば店『翁』を開業。自家製粉の環境を求めて1986年、東京から山梨県長坂(現・北杜市)に店を移した。その後、長坂『翁』は弟子に譲り、2001年、広島県豊平町(現・北広島町)にそば道場を兼ねた蕎麦店「達磨・雪花山房」を構えた。

店を営む傍ら、蕎麦栽培、自家製粉を手がけ、全国のそば会などのイベントや蕎麦教室を通じて、自らの製粉やそば打ちの技術を1000人以上に伝授してきた。現在、「達磨・雪花山房」は、週末のみの営業で、平日は、各地を周りそば打ち指導している。



51号を東に折れ、600m程行くと、上り坂の途中に看板が見えてくる。

この看板を通り過ぎると、その先に木々に囲まれた店が見えてくる。

駐車場と玄関前から、安曇野の市街地とその向こうに北アルプスが一望できる。

 

白&青の変わり染めの暖簾をくぐり、引き戸を開けて入ると、右手に靴箱がある玄関スペ―スになっていた。準備されてたスリッパをはいて、正面のガラス戸を開けて中に入った。

 

横長の店内は、正面のガラス窓の向こう側がそば打ち部屋になってて、その右手が広めの厨房になってた。



玄関の左手が奥がお座敷席が2つ、手前の板の間にテーブル席(4人×4)がゆったりと配置されてた。

客席はよけいな装飾なく、和風モダンにすっきりまとまってて、2方向の窓からは安曇野の景色が望めるように設計されてた。

 

接客係りの女性(1人だった)にいらっしゃいませと迎えられて、席に座った。



メニューは4種のみで、他は飲み物とシンプル。田舎そば¥840、ざるそば¥840、おろしそば¥1050、鴨せいろ¥1350を注文した。

肌寒い日だったので、接客係りの女性に、冬期にあるという温かいそばを聞くと、ありませんとちょっとそっけなく返答された。

厨房では、店主らしき男性ともう1人若い男性の板さんが働いてて、接客係りの女性と計3人で切り盛りしてた。



先に箸&薬味がセットされたトレイが運ばれてきた。

厨房から、大根をおろししてるシャカシャカという音が聞こえてきてから、ちょっと待ってたら、接客係りの女性と、若い板さんがそばを運んできてくれた。



 田舎そば ¥840

田舎そばは、幅4mm弱の不透明の薄茶色の長さのあるそばだった。口に含んでみると、硬いとまではいかないが、密度があって重量感のある歯ごたえ。

若干の折り目と、よじれがあり、キメの細かいそば粉で打った二八そばって感じで、ボリュームある食感で味わえた。

そばつゆは、かつおの風味がやや抑えた感じの甘さ控えめの辛口のタイプ。あくまでそばの風味を引き立てる感じ。

これに、薄くきれいにスライスされた水々しいネギ、滑らかな摺りワサビ、辛み大根が薬味として添えられてた。



 ざるそば ¥840

ざるそばは、2mm程にきれいに整った色白の細打ちそばだった。長さが充分にあって、つるつるのどごしよく食べられた。自家製粉で打ったニ八そばのよう。香りはやた薄めながら見応えがある


 おろしそば ¥1050

おろしそばには、中鉢にたっぷりとおろしたての辛味大根が添えてあった。辛口のつゆと合わせて、そばを食べてみると、大根の辛みによって蕎麦がシャープな風味になって、食べながら消化されてるようで、健康的な感じ。


 鴨せいろ ¥1350

鴨せいろは、ほのかな甘みのある辛口タイプのつけ汁で、厚切り鴨肉4切れ(皮の方が軽く炙ってあったみたい)、縦切りの長ねぎがたっぷり入ってた。鴨汁の風味濃厚ながら、鴨肉は火が通りすぎてなくてやわらかな食感。のどごしのいい細打ちそばとの相性がよく、添えてある柚子を入れて食べると柑橘系のさわやかさによって上品に味わえた。


 そば湯

茨城の常陸秋そば、戸隠の霧下そば、など、蕎麦の産地の十割りそばをいろいろ食べてるせいか、二八そばとしては季節的なせいもありそばの香りが若干薄めなので、手放しでおいしいと言えないようになってしまったかも。贅沢な悩みかな〜、あはっ!



蕎麦に特化した絞られたメニューなので、いろいろ食べたい人にはもの足りないかも知れないが、安曇野の眺めがいい店で、片倉康雄氏が再生した手打ち蕎麦の業を受け継いだ、二八蕎麦らしいのどこごし、コシのあるそばをしっかり味わえるのはうれしい。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■『安曇野 翁(おきな)』
 長野県北安曇郡池田町中鵜3056-5
 電話:0261-62-1017
 営業時間:11:00〜17:00
 定休日:月曜日(祝日の場合は営業)