ブログネタ
たまに行くならこんな店 に参加中!


茨城県ひたちなか市にある手打蕎麦店。

店主は柏の『竹やぶ』で修行した人で、開店してから16年になるとのこと。

2つ連なってる箱形の建物で、黄土色の建物の南側に駐車場と玄関があった≫人気blogランキング

 

常磐線勝田駅の2km程北のショッピングセンター「ヨークタウンひたちなか」の東隣にある。



黄土色の建物は、外壁の一部が板張りで、昭和初期を思わせるレトロな佇まい。鄙びた風情の板塀&くぐり門が設けてあって、ショッピングセンターのすぐ隣という立地条件ながら隠れ家的な雰囲気。

門をくぐると、その先にある襖風の引き戸が玄関扉になってる。小窓などがない扉で、中の様子がわからないため、ちょっと入りにくい印象。

 

ちょっと怖々、扉を開けると、横長の待合い風のスペースになってて、1.5m程先にもう1つ引き戸があった。



2つめの引き戸を開けて中に入ると、左手奥に厨房とそれに面したカウンター席があって、厨房を囲むように、手前〜左手にかけてL字に囲炉裏形テーブル席(4人用)と小上がり席が配置されてた。

厨房にいた20〜30代位の男性がにこやかに迎えてくれた。

奥にいた50代くらいの男性と女性が店主夫妻のよう。若い男性は息子さんで家族で経営してる店のよう(玄関扉に店は3人で営業していて、時間のかかる場合があると書いてあった)。



奥の席にどうぞと言われたたので、厨房を回り込むようにカウンターの前〜小上がり席脇のL字の通路を入って行くと、通路の奥にほの暗い民芸調の部屋があった。

 

靴を脱いで上がるると、少し広めの板張りの室内は、衝立てを境に、左右2つに分けてあって、左:6人用テーブル席、右:堀り炬燵式囲炉裏席(6人用)になってた。

テーブル席と堀り炬燵式囲炉裏席の上には、火棚(熱気の拡散、防火、食品や手袋の乾燥のため天井からつるしてある棚)が吊るしてあって懐かしい雰囲気。奥の棚には、笠間焼きの器が陳列・販売されてた。



囲炉裏には、赤く燃えた炭がはいってて、その上には、自在鍵&鉄瓶がかかってて、その情景&ぬくもりが故郷って感じ。思わず、灰ならしを手に持って灰をなぞってしまった。





メニューから、田舎そば¥840、天ぷらせいろそば¥1600、かけそば¥740などを注文した。

出されたそば茶を飲みつつちょっと待ってたら、料理が運ばれてきた。


だし巻玉子焼(2人前)¥1000
 ※写真は1人前

だし玉子焼きは、ふっくら焼きたて。

口に入れると、だしの風味とともにほのかに甘みが感じられる。張りがあって滑らかで、しっかり繊維感があって、片栗粉などを加えて作ってあるよう。

柏の『竹やぶ』のような、だしをたっぷり含んだジューシーなだし巻ではなかったが、独特の弾力のあるだし巻玉子だった。色の薄い個性的な風味のつけ汁が添えてあった。大根おろしとつけ汁は私の好みではなく、大根おろし&生醤油で食べたかった。


 田舎そば ¥840

田舎そばは、玄そば(そば殻が付いたままの実)を荒挽きにして打ってるとのこと。

黒や茶の粒子を多く含んだ、4mm強位の幅広の平打ちそばだった。食べてると、そば殻が歯にあたって、野性味溢れるそばって感じ。

そばつゆは、どっしりとした甘みのある、やや濃口タイプのもので、辛み大根と自家製漬物が添えてあった。


 かけそば ¥740

かけそばは、関東っぽい濃い色のそばつゆの中に、細めのそばが入ってた。そばつゆは、濃口でかつおの風味が骨太な魚だしって感じて効いてた。そばが、細めながら熱に負けずもっちりとした歯ごたえがあって、薬味はネギだけで、田舎風に素朴に味わえた。


 天ぷらせいろそば ¥1600

天ぷらせいろのそばは、色白の2〜3mm強くらいの細めの平打ちそばだった
。そばの香りは軽めながら、のどごしがよく、つるつる食べられた。生わさび(なめらかにすってある)、ねぎ、漬物が添えてあった。、

天ぷらは、盛り合わせ(海老1ヶ、アスパラ2ヶ、百合根2ヶ、人参、なす、舞茸、ふきのとう)になっててボリュームたっぷりで、塩や天つゆで食べた。


 そばがき ¥1050

料理は作った順に運ばれてきてそばがきは最後に来た。そばがきは、粒状の濃淡のあるほんのりとした緑色をしてた。口に入れると、表面がざらざらしてて、荒挽きの粉で作ってあるよう。粘りは餅より淡白ながら、もっちりとしてて蕎麦の風味豊か。添えてあった生醤油&わさび、クルミ味噌で味の違いを楽しみながら食べた。


 そば湯

そば湯は、ポタージュとまではいかないが、ぽったり濃厚なものだった。

柏の『竹やぶ』とは、店主自ら手造りしてる点は同じだが、店の雰囲気やそばや料理は独自のよう。

炭火の温もりは、電気、ガス、石油などによる暖房より、ほのぼのとしてて、とてもくつろげた。こだわり、家族経営的な雰囲気、店主は竹やぶで修行した人、など、しっかり蕎麦を楽しめる条件がそろった店。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■『木挽庵(こびきあん)』 お店のHP
 茨城県ひたちなか市東石川3069-14
 電話:029-274-0986
 営業時間:平日…11:30〜14:00、17:30〜19:30
      日曜…11:30〜14:00
     (営業時間内でも蕎麦がなくなり次第終了)
 定休日:月曜、祝日、9月
   →茨城そばマップへ