取手市の手打そば店。

牛久沼の近くで、つくば市からも遠くはない。国道6号から少し西に入った住宅地にある。

店頭の箱庭風のスペースに庭門が設けられてて、風流な雰囲気≫人気blogランキング



つくばから6号を南下し、牛久沼大橋を渡り、1つ目の交差点で北西に折れ500m程進んでから、左折して50m程のところある。この付近は区画整理されたように道路が縦横にまっすぐ伸びてる。

店頭と、道路を挟んで向かい側に駐車場があった。



門を入り暖簾をくぐって店の中に入ると、店内は横長の形。

奥が厨房とそれに面したカウンター席+囲炉裏形テーブル席になってた。



手前窓側には、座敷席+小上がり席になってた。

焦茶の板壁、ランプ様の照明、切り株状の椅子のある店内は、山小屋風の素朴な雰囲気。囲炉裏形テーブル席の脇には「そば打ち処」と書かれた部屋があった。

厨房では店主らしき50代位の男性がいて、接客係の女性と夫婦で切り盛りしてる店のよう。

いらっしゃいませと迎えられて、空いてる席に座った。

 

メニューから、鴨汁そば¥1200、もりそばとミニ野菜天丼¥1300、そばがき¥1200を注文した。

少し待ってたら、料理が運ばれてきた。


 そばがき ¥1200

はっぱ形のそばがきは、濃い目のそば湯の中に入ってた。

凸凹があるもの、粉が細かめなので、もっちりしてて密度ある食感。穀物の風味と共にほんのり渋みが感じられた。

添えてあった、薬味と生醤油で食べた。


 鴨汁そば ¥1200

鴨汁そばは、丸ざるの上に、平打ちされた蕎麦が平によそってあった。そばは、水分多めで、滑らかでのどごしがいい。

鴨汁は、鴨肉は2切れと小間切れ状のが入ってて、つけ汁表面にはたっぷり油分が浮いてて、甘さ控えめながらコクがあった。しめじ、斜め切りの長ねぎなどによって、具沢山なつけ汁になってた。


 もりそばとミニ野菜天丼 ¥1300

そばつゆは、甘さ控えめの中口タイプで、そばの風味をシンプルに味わえる。

天丼は、かぼちゃ、にんじん、舞茸、さつまいも、れんこんなど6つの野菜天が載ってて、ごはんの量控えめながらボリュームがあった。


 そば湯

そば湯はポタージュに近い濃厚なのものだった。

住宅地の一画にある隠れ家的な風流な店。蕎麦やお酒を粋に楽しみたい時にぴったり。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■石臼挽き 十割そば
『里居房(りきょぼう)』 お店のHP
 茨城県取手市双葉2-23-18
 電話:0297-83-0451
 営業時間:11:00〜14:30、17:00〜20:00
 定休日:水曜日