霞ヶ浦総合公園内のレストハウス。土浦駅から2km程南東にある。

駐車場の先の小高い場所の赤っぽい屋根の横長の建物。

土浦の有名店『小櫻』の店主がプロデュースしたラーメンを2008年11月から出してると聞いた≫人気blogランキング

霞ヶ浦総合公園は、霞ヶ浦西岸の約46ヘクタールの広大な敷地に、体育館、水郷プール、テニスコート、野球場、ネーチャーセンターなどの施設がある。



国道125号を国民宿舎水郷交差点で東に入り350m程行くと、何十台分もの広い駐車場があった。

 

玄関脇にメニューが掲示されてた。

 

入って、広い通路を奥に進み、突き当たり右手にドアがあった。

そのドアを開けて入ると中は斜め天井の広いホール風の空間になってた。

ホール中程には、観葉植物の置かれた棚が置かれてて、ここを境界に、手前が売店&休憩所コーナーで、奥がレストランコーナーになってた。客席から見えないよう小壁で仕切られてるが、右手は広い厨房があった。



ホール内は、公共施設っぽく簡素な造り。レストラン側の窓にはレースのカーテンが掛かってて、天井の照明は消えててやや暗め。天井が高く、ガランと広い。

レストランコーナーに入ると、接客係の女性がいらっしゃいませと迎えてくれたので、空いてる席に座った。




メニューから、水郷らぁめん¥600、しお水郷¥700、白い冬の限定らぁめん¥750を注文した。

水はセルフサービス。厨房側の壁際に準備してあったのを取りに行くと、広い厨房内に男性2人がいるのが見えた。1人はここの店主で、もう1人は『小櫻』の店主のようだった。

コップに水を注いで、席に持ち帰って飲んでみると、ほんのりレモンの香りがした。

少し待って料理が運ばれてきた。


 水郷らぁめん ¥600

・麺…ストレート細麺
・スープ…醤油色薄い、油分中くらい、背脂なし
・具…焼豚、メンマ、小松菜、ねぎ

少し小ぶりの丼で、熱々の状態で運ばれてきた。

白醤油を使ってあるとのことで、スープの色は薄いが、しっかり塩分があって、まろやかな塩ラーメンを食べてるような感じ。

麺は、小櫻オリジナルの自家製麺。白っぽい色の2mm位の細麺だが、もっちりとした食感。焼豚は、少し焼色が付いてた。


 しお水郷 ¥700

・麺…ストレート細麺
・スープ…少し混濁、
・具…炙り鶏、メンマ、エリンギ、昆布、ネギ、水菜

少し広口の丼に入ってた。

トッピングされてる炙り鶏は、焼き豚より味わいが淡白だが、どっしりした甘みが効いたスープ、甘めの下味が付いてたエリンギ、味付け昆布、という組み合わせで、個性的なラーメンだった。


 白い冬の限定らぁめん ¥750

・麺…ストレート細麺
・スープ…ホワイトソース、じゃがいも
・具…焼豚、メンマ、小松菜、ねぎ

厚手の丼に、スープたっぷりの状態で運ばれてきた。

スープ表面には、所々、白色濃い固まりのようなものが浮いてた。レンゲで掬って飲んでみると、溶け切ってないホワイトソースで、ミルク風味がほんのり伝わってくる。

白濁しているスープは、乳くささはほとんどなく、若干粉粉感があって、じゃがいもが溶け込んでいるよう。少しぽったりしてて、意外に油分が多めで、スープそのものにボリュームがあって、食べるスープって感じ。粘度のあるスープは麺との絡みよく、体が温まった。


 半熟玉子 ¥100

半熟玉子は、白身がほんのり色づいてた。割ってみると、中の黄身は色が濃くてトロリと半熟だった。

新鮮な玉子のせいか、殻がつるんときれいにむけてなかった。


 チャーハン ¥700

チャーハンは、2人分くらいのボリュームがあった。

具は、ねぎ、玉子、ひき肉とシンプルだが、胡椒が効いてて、たっぷりの油で香ばしく炒めてあって、玉子チャーハンって感じ。

細かいスクランブル状でごはんに混じってる玉子は、ふわっと柔らか。その影響か、パラパラしたチャーハンではなく、ちょっとしっとりめのチャーハンに仕上がってた。


 カレーライス ¥750

カレーライスは、お皿の中央にこんもり球形のごはんを盛り、周囲を取り巻くようにカレールー&生クリームがかけてあった。サラダ、福神漬けが付いてた。

透明感のあるルーは、甘みが効いてて、玉ねぎベースのよう(じゃがいも、にんじんは入ってない)。仕上げの生クリームがルーにコクと滑らかさを与えてて、ぽったり柔らかな口あたりになってた。

ルーの中に拍子切りっぽい形の焼豚が入ってた。焼豚の甘からい下味が、ごはんの上の青のりと妙に共鳴して、和風のカレーとして楽しめた。


 レッドホッドチキンカレー ¥900

レッドホッドチキンカレーは、ルーがカレー皿にたっぷりよそってあった。

ピューレ状のルーは、タイカレーを思わせる辛口仕立て。ハーブが入っていないので、インドやタイのエスニック感溢れるカレーより、日本人好みになってる感じ。

大きめの鶏肉(炙ったような焼色が付いてた)が数個入ってて、時折ナイフで切りながら食べた。肉、ごはんの量が多く、男性もしっかり満足できる量だった。

チャーハン、カレー類は、まかない食っぽく、1人前以上のボリュームがあった。



ホール中程には駐車場とは反対側にも出入口があって、そこから外に出ると霞ヶ浦公園の池がありその向こう側に国民宿舎が見えた。

 

少し離れて見ると、建物東側は、高速道路のサービスエリアのような感じで、こっちの方が表玄関かも。

食事メニューは全て『小櫻』によるものだったので、思わず全て食べてしまった。行列せずに食べられるのはうれしいが、『小櫻』店主が、いつまで、どの程度関与するかによって、メニューも味も変化しそう。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■『レストハウス水郷』
 茨城県土浦市大岩田622-1
 電話:029-824-9403
 営業時間:11:00〜15:00
     (売店は10:00〜17:00)
 定休日:月曜日