つくばみらい市にある手打そば店。

民家風の2階建てで、玄関前に横斜めに伸びてる松の木がある。

TXみらい平駅の500m程北東の住宅地にある≫人気blogランキング



整備されたばかりの道路の周囲に、新旧の家が混在してて、TXの開通によって開発が進んでる地域のよう。

その西隣の建物では、回っている石臼と、その奥で男性が作業(麺を打ってるみたいだった)してるのが窓越しに見えて、建物2棟が店になってる。



玄関入り、前方に伸びてる通路を2〜3m程進んでいくと、奥がテーブル席+小上がりのある客席になってる。壁にはずらりと焼酎の瓶(名前がついてて、キープボトルのよう)が並んでて、飲み屋兼蕎麦店の雰囲気。
(玄関右手には、階段があって、2階席があるみたい)

いらっしゃいませと、女性従業員に迎えられて、空いてる席に座った。

 

メニューから、鴨せいろそば¥950と鍋焼きうどん¥1000を注文した。注文時に、うどんは少しお時間がかかりますと言われた。

この店、そばより、うどんのメニューの方が多くて、手打うどんを得意としてるよう。

また、そば&丼のセット(4種)、満腹メニューというタイトル名のついた定食(モツ煮など4種、御飯おかわり自由)があって、おじさんの好みのメニュー構成になってる感じ。

メニュークリームシチューうどんというメニューは、カレーうどんの乗りみたいで、ちょっと珍しかった。また、やみつきメニューとのタイトルが付いてるかつ煮定食は、カツの上にとろけるチーズがトッピングされる人気品のよう。

15分程待ってたら、料理が運ばれてきた。


 鴨せいろそば ¥950

鴨せいろそばは、丸ざるの上にほんのり緑色のそばが、平らによそってあった。口に含むと、弾力のある歯ごたえで共に、そばの香りが感じられた。

鴨汁は、濃い味仕立てになってた。鴨肉3ヶ、焼ネギが入ってて、適度に甘みが効いてて、そばの味を引き立ててる感じ。ざるの下に受け皿やトレイがなかったので、テーブルの上に水がたれてしまった。そばの量が少なめだが、手打ちそばらしく蕎麦の香りが楽しめた。


 鍋焼きうどん ¥1000

鍋焼きうどんは、少し小ぶりの土鍋で蓋なしの状態で運ばれてきた。

4〜5mm位の幅に平打ちうどんの上に、海老天、山菜、かまぼこ、しいたけ、しめじ、ニラ、鶏肉、玉子が載ってて、ぐつぐつ沸騰してた。

うどんは、透明感があって、煮込んであるので柔らかめだが、箸で持ち上げても切れたりせず、伸びやかな食感が手打ちらしい。つゆは、醤油色薄めながら、しっかりめの味に仕上がってた。


 デザート&そば湯

食後、デザートが運ばれてきた。
あっさりとしてプリンで、底には蕎麦の実が沈んでて、黒糖風味のカラメルソースがかかってた。

そば湯はそそぎ口からこぼれるほど、たっぷり入ってた。

昼時だったが男性客でいっぱいだった、そばだけでなくうどんも手打ちで、夜は居酒屋としても繁盛してる、この地域の人気店のよう。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■手打そば・うどん『一扇(いっせん)』
 茨城県つくばみらい市小張4087-15
 電話:0297-58-0138
 営業時間:11:00〜19:00(LO)
 定休日:月曜日