つくば市の平塚線沿いの和食店。

大ぶりな屋根のコテージ風の2階建てで、隣には農産物直売所を併設してる。

最近できたつくばエクスプレス研究学園駅の2km程北にある≫人気blogランキング



県道24号沿いにある。以前は長閑な田舎道の感じだったのが、イーアスつくばがオープンしたせいか、交通量が多くなった感じで、店の前はスピードを出してる車も多い。

店頭が4台分の駐車場になってる。



入ると、左手は、奥が広めの厨房とそれに面したカウンター席(6席)で、その手前は小上がり(2人卓と4人卓)とテーブル席(6人×1)になってる。

大小の木が輪切りの状態で埋め込まれたフロアーに、表皮が凸凹の厚みのあるテーブルが配置されてて、飾り気なく落ち着ける雰囲気。



右手は、お座敷席(2人卓×3、6〜8人用卓)になってた。

厨房で働いてた30代位の男性が店主のよう。接客係の女性(店主のお母さんっぽい年代の人)がにこやかに迎えてくれて、空いてる席に座った。

 

メニューから、焼肉定食¥780とけんちんそばセット¥995を注文した。

壁にはおすすめメニューが掲示されてて、夜は居酒屋としても人気があるみたい。

ちょっと待ってたら、料理が運ばれてきた。


 焼肉定食 ¥780

焼肉定食は、一口大の豚肉と玉ねぎが甘からいタレで炒めで生野菜の脇に盛り付けてあって、煮物、ごはん、薄味仕立てのけんちん汁、漬物が付いてた。手作りっぽくて、馴染み易くて品数もあり満足できる。


 けんちんそばセット ¥995

けんちんそばセットは、けんちんそば&かきあげ丼のセットで、煮物、漬物が付いてた。

けんちんそばは、汁が少し薄味仕立てになってて、根菜(大根、里芋、にんじん)の風味が生きた柔らかな味になってた。そばは2〜4mm位と少し太さにバラツキがあって、手打ち蕎麦らしかった。

かき揚げ丼は、ごはんの上に大きめのかき揚げ天がのってて、ボリュームがあった。

帰りに隣の農産物直売所に立ち寄ったら、接客係のおばさんがこっちの店のがレジ係もしてて、2つの店を両方経営してるよう。低農薬、無農薬の野菜のたっぷり使ってあり、筑波研究学園都市らしさが感じられる、素朴な家庭料理が食べれる店。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■田舎料理『けんちん亭』
 茨城県つくば市遠東768-17
 電話:029-847-0423
 営業時間:11:30〜14:00、17:00〜22:00
 定休日:月曜日