土浦駅東口から600m程南にあるラーメン店。

つくば市に支店があり、今年10月には牛久にも支店ができたが、その本店。

以前は土浦駅の西にあったが2005年頃、移転した≫人気blogランキング



広い道路に面してて、3階建てマンションの1階にある。
大きな赤い看板が立ってた。



店に入ると、左に厨房とそれに面したカウンター席があって、通路を挟んで向かい側ボックス席風のテーブル席(4人×3)になってた。



その右側にも客席があった。小窓の空いた壁を境界に、右手には小上がりと壁向きのカウンター席のあり、壁には備え付けの食器棚があって、以前は居酒屋だったような構造。

厨房では、店主らしき長い髪を後頭部で結わえた50代位の男性とアシスタント風の若い女性、客席側には若い男性2人位が働いてて、店の規模にしては従業員が多い。

いらっしゃいませと言われて、空いてる席に座った。



メニューから、チャーシュー丼¥450、ラーメン¥780、塩ラーメン ¥780、特製蒸し餃子¥300を注文した。

少し待って、料理が運ばれてきた。


 チャーシュー丼 ¥450

チャーシュー丼は、小ぶりな丼によそってあった。

ごはんの上に、小さめに角切りされたチャーシューが載ってて、刻み海苔がトッピングされてた。ごはんは超熱々で電子レンジで加熱したのかも。甘からいタレと油分が絡んでた。


 ラーメン ¥780

・麺…縮れた細麺
・スープ…魚介系のだしの香り、油分控えめ
・具…焼豚、メンマ、味付玉子、めかぶ、のり、ねぎ

黒い丼にスープが控えめによそってあった。スープは、熱々ではなく量は少なめだった。

麺は少し固めでねるめのスープに入れてあるので、余熱によって軟らかくなることなく、弾力なくぼそぼそとした小麦粉らしい食感。

薄い焼き豚は、バラ肉のロールチャーシューで、とても軟らかく箸で触ると崩れてしまうほど。赤身の部分はパサパさしてて豚肉らしさは感じられないが、脂身がトロトロで喜ぶ人がいるかもしれない。

めかぶ(=ワカメの茎のところ、)は、細切りのが入ってた。ふつうのワカメより堅めで、存在感がある。

ねぎは、少し厚めの斜め切りになってた。一般のラーメンのようにスープや麺と絡むことがなく、生ねぎをかじってるようなねぎ特有の刺激的な辛さがしっかり感じられた。


 塩ラーメン ¥780

・麺…軽くウエーブした中麺
・スープ…ほんのり混濁、油分中くらい
・具…焼豚、メンマ、味付玉子、めかぶ、のり、ねぎ

醤油ラーメンと同じく、ぬるめのスープが控えめによそってあった。スープは特に風味なくマイルドで食べやすかった。

 
 特製蒸し餃子 ¥300

特製餃子は、焼き色が付いてなくて、耐熱容器に入ってて電子レンジで温めて作ってるよう。醤油皿はなく、タレがかけた状態で運ばれてきた。

具が多めに入ってるが、焼いてないので食感も香ばしさもあっさりしてる。

スタンダードのラーメンが、¥780もする。茨城県南でかなりラーメンを食べたが、今までで最高価格! その割にはスープも具もあっさりしてるが、高級なラーメンが好きな人が多いようで、お店はお昼を外して行ったのにかなり混んでた。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■『土浦ラーメン』
 茨城県土浦市蓮河原新町1-33 マヤビル101
 電話:029-827-1401
 営業時間:平日…11:30〜15:00、18:00〜24:00 
      日祝…12:00〜24:00
 定休日:年中無休