秋葉原駅前のヨドバシカメラ「ヨドバシAkiba」にある、とんかつ店。

8階のレストラン街には、24つの飲食店が入ってて、すし、中華、ラーメン、洋食、焼肉といろんな店が並んでる。

つくばエクスプレス秋葉原駅からすぐ近いので便利≫人気blogランキング

『浜勝』は、現在、九州中心に84店舗があり、長崎ちゃんぽんチェーンの『リンガーハット』の母体。

昭和37年、とんかつ専門店として長崎市で創業。昭和49年に長崎ちゃんぽんを主力商品とする『リンガーハット』を開店。昭和57年には社名を浜勝からリンガーハットに変更し、『リンガーハット』『浜勝』を主軸にFC展開してる。



人気があるようで、店内をちらりとのぞくと、ビジネスマンなどで混み合っていた。店頭のランチメニュー見つつ入った。



縦長の店内は、右手が厨房と、横格子の衝立てに面したカウンター席で、通路を介して左手〜奥に、2人用4人用のテーブルが間隔狭めに配置されてる。

ナチュラルな質感のインテリアでまとめてある店内は、シンプルで機能的。カウンター上部に配された赤がアクセントカラーとして、雰囲気を引き締めつつ、活気を与えてる。

入ってすぐのレジ付近にいた従業員が空いてる席に案内してくれた。





メニューから、日替わりランチ:ロースかつ&一口かつ¥840とロースかつランチ¥924を注文した。

ごはん→ごはんor麦ごはん、みそ汁→赤みそor白みそor豚汁(+¥100)
か選べるようになっていて、注文時に女性従業員に尋ねられたので、日替わりは
日替わりランチは、麦ごはん、豚汁+¥105で、ロースかつは、白ごはん、赤みそで注文した。



テーブルの上には、2種類のソースがあった。漬物(蓋付きの器に入ってる)もあり、好きなだけ自分で取り分けて食べられるようになってた。

漬物は、熟成したような酸味のある刻んだ葉っぱで、長崎白菜(別名:唐人菜)を漬けたもので、ブラブラ漬けというらしい。

ソース2種は、辛口と甘口があった。味見してみると、甘口は、ウスターソースっぽく風味は少し尖ってて、マスタードが混ぜ込んである辛口の方が、ほんのり辛しの風味はあるが、口あたりはマイルドで、辛口の方でたべることにした。



注文後、従業員がすり鉢&するこぎ、小皿とドレッシング2種、白ごまを運んできてくれた。

漬物、白ごまとも、器にたっぷりめに準備されてるので、好みの分量小皿とすり鉢ににうつして、食べることができる。

ちょっと待ってたら、料理が運ばれてきた。


 日替ランチ:ロースかつ&一口かつ¥840+豚汁¥105

日替ランチは、ロースかつ(3つに切ってある)、くるくる巻いた薄切り肉のカツ、野菜のフライ2種(かぼちゃ、れんこん)が金網の上に盛り合わせになってて、脇に千切りキャベツ、角切りキャベツが添えてあった。

ロースかつは、ミニサイズだった。一口かつは、ミルフィーユかつっぽく、ライトなかつだった。

キャベツは、2種類の切り方がしてあるので、食べ比べができる。角切りキャベツは、歯ごたえがワイルドで、キャベツの甘さが伝わってくるが、ごはんより、お酒に合いそう。

豚汁は、小間切れっぽい豚肉が多めに入っていた。生姜のような独特の風味が気になった。


 ロースかつランチ ¥924

ロースかつは、ちゃんとした大きさロースかつだった。の断面を見ると肉の繊維が崩れてて、叩くなど下ごしらえがしてあったみたい。ジューシーさはあまりないが、軟らかで食べやすかった。


 浜勝特選ロースかつ定食 ¥1659

グランドメニューのロースかつ定食は、銘柄豚:青森県産やまざきポークで作ってある。140gらしく少し大きめでキツネ色に揚がってて、6つに切ってあった。漬物は3種類で、これも御代わり自由になってた。

断面をみてみると、繊維に崩れなく、きれいな肉質。食べる時、衣がはがれやすかったが、くさみなく、やわらかで、いささかインパクトがうすい気もしたが上品なとんかつだった。

女性が好きなセレブなランチ風に、フレンチやイタリアンのプレフリィクスランチ風に、自分でチョイスしながら、組み立てられるので、値段以上に満足度が高い。酸味の利いた漬物が、いくらでも食べられるわけではないが、ごはん、漬物、みそ汁、キャベツのお替わりができるのも、またうれしい。質というより、ボリューム、精神的充足感がえられるので、常連らしきビジネスマンが多く、」リピーターが多いのもうなずけた。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■とんかつ『浜勝(はまかつ)』
 ヨドバシAkiba店 お店のHP
 東京都千代田区神田花岡町1
 電話:03-5207-5811
 営業時間:11:00〜23:00
 定休日:無休