戸隠神社中社の前にある手打ちそば店。

戸隠の中でも人気で、超混雑する店なので、開店前に行った。

玄関前の順番待ちの紙には、すでに数名の人の名前が書き込んであった。並んでる人はだれもいなくて、それぞれ周辺を観光してるようだったので、私もそうすることにした≫人気blogランキング

戸隠山は、神世の昔、天の岩戸が飛来して現在の山の姿になったと言われてる。この山の麓にあるのが戸隠神社で、二千年余りの歴史を有し、日本のパワースポットとしても有名である。

奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社から成る神社で「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々が祀ってある(五社案内図)

  
         戸隠神社の三本杉

中社は、天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)が祀ってある。五社の中心的場所に位置してて、周囲には20を越える宿坊や土産物店がある。この中社を中心に毎年9月23日(22日は前夜祭)には戸隠そば祭りが行われている。

中社への石段の登り口に大鳥居がある。この大鳥居を中心に3本の杉が約72m間隔のほぼ正三角形状に植えられてる。これが樹齢800年を越える御神木の「三本杉」で天然記念物に指定されてる。

「三本杉」の1本、東側にある杉の木の下に『うずら家』がある。



傾斜のある石段を上っていくと中社がある。



ゆっくり参拝してから店へ戻ると、すでに店頭に人が集まってた。

開店時間の少し前に、調理着姿の40代くらいの男性が玄関前に現れた。

お待ちいただいてありがとうございますということばと、連休中は30分開店時間を早めていること、最初に入れる人数(客数)と紙に記載した番号からのおおよその待ち時間などを、店頭で待ってる人にやわらかな口調で滑らかに告げると、紙に書いてある待ち客の名前を1番の人から呼びながら、にこやかに店内に招きいれた。

このインフォメーションによって、店に対する親近感がわいて、和やかなムードになった。



玄関脇の壁に書かれてた、戸隠のそばの由来をちらりと眺めつつ、名前を呼ばれたので店の中に入った。


 1階席

玄関入ると、すぐ右手に階段があって、その奥右手が客席(奥:小上がり、手前:長テーブル席)になってた。左手は広い厨房になってた(ガラス越しに中の様子が見えた)。

玄関近くにいた女性従業員がお2階へどうぞと誘導してくれたので、右手の階段を上っていく。


 2階席

階段を上りきり、奥に伸びてる通路を進んで行くと、右手にテーブル席、左手がお座敷席になってる。2階担当らしい女性従業員がにどうぞと言われて空いてる席に座った。

 

階段上がった正面の棚上には、こね鉢と季節感のある花(あけび)が飾ってあってた。また、客席の窓からは杉林が見えた。

 

メニューから、そばがき¥1200、ざるそば¥840、かけそば¥800、深山おろしそば¥1650に一品料理や天ぷらなどを加えて注文した。

 

先に、漬物の野沢菜とわさびが運ばれてきた。わさびをすりおろしながら、料理を待った。


 蕎麦豆腐 ¥450

蕎麦豆腐は、手臼で挽いた粗挽きのそば粉に吉野葛を加えて作ってある。蕎麦豆腐は、不透明なのに艶があって、粗挽きされたそば粉の粒粒感が見える。口に含むと、適度な粘り&弾力のある食感。わさびと甘さ控えめのつゆによって、雑念のない味わいを楽しめた。


 岩魚の焼枯らし ¥700

岩魚(いわな)の焼枯らしは、戸隠山源流の鳥居川でとれたイワナで作ってあるとのこと。焼枯らしは、塩焼きとは違って、魚の水分をとばしながら焦げないように焼く手間のかかる料理のこと。

頭付きのイワナは、冷たくて身は堅め(薫製ほどかたくない)で、6つに切ってあった。食べてみると、身のキメは細かく、堅いというより締まってるという感じ。びっくりする程臭みなく、骨まで食べられて、極上の酒の肴って感じ。


 そばがき ¥1200

そばがきは、もっちり重量感があって、粗挽きの粒粒感が、渋み、穀物の香りとともに味わえた。


 高原野菜の天ぷら盛り合わせ ¥900

天ぷらは、店の自慢の品のよう。かぼちゃ、れんこん、おくら、ししとう、まこもたけ、さつまいも、栗など、盛り沢山な内容で、さっくり油切れよく揚がってた。

特に栗の天ぷらは初めて食べたが、絶品だった。


 ざるそば ¥840

ざるそばは、ほんのり緑色の2mm程の細打ちそばは、ゆるやかな「ぽっち盛り」されてた。食べてみると、細挽きの粉が用いてあるみたいで、滑らかで弾力があり、そば香りがしっかり感じられる。

そばつゆは、ダシの風味の効いた、甘さ控えめの濃口タイプので、そのどっしりとした味がそばを支えてた。


 かけそば ¥800

かけそばは、そばつゆ(だしの風味や塩分など)のバランスがよく、シンプルで上品な味に仕上がってた。


 深山おろしそば ¥1650

深山おろしそばは、そばの上に、大根おろし、ぜんまい、かぶ、しめじ、なめこ+天ぷら(おくら、しいたけ)がトッピングされてた。

そばつゆが、ひたひた位に張ってあって、そば、具とよく絡む。ぬめりのある野菜、キノコが入ってるので、つるつるしてて食べやすかった。見た目めよりボリュームがあって、山の幸たっぷりの滋養食って感じ。


 そば湯


 リンゴジュース ¥350

リンゴジュースは、胸がキュンとするような酸味さわやかなジュースで、さすが信州って感じ。

観光地で人気のそば店に、観光シーズンまっただ中の連休中に行くのだから、忙しさ故、あしらわれるような対応覚悟で来店したが、とても丁寧な対応で、もてなされてるって感じがここちよかった。おすすめ度7.5。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■信州戸隠山御門前 蕎麦処『うずら家』 お店のHP
 長野県長野市戸隠3229
 電話:026-254-2219
 営業時間:10:30〜16:00(売切れ終い)
 定休日:水曜日
     9〜11月の連休は10:00から営業
     11月下旬〜12月中旬まで長期休業
     1月、2月は火水曜日の連休有り