手作りうどんを得意メニューとする和風ファミレス。

明星食品の子会社:明星外食事業株式会社による経営。1964年の創業当初は喫茶軽食の店だったが、1976年に岡山で味の民芸1号店をオープン。現在では、岡山以東に直営、FC合わせて93店舗を有する。

東大通り沿い、天久保2丁目南交差点の店に行った≫人気blogランキング



玄関入り、左右に通路が伸びて通路を左手の方に進んで行くと、右手にレジがあって、その先が客席になってる。外から見た印象より広くて明るい。

レジ近くにいた和服姿の女性従業員に喫煙or禁煙席をたずねられた後、席に案内された。

広めの客席は分煙になってる。喫煙席は櫓風に組んだ柱を中央に囲むように、4人用テーブルが配置されてた。

 
 

以前、つくば赤塚店(閉店した)に行った時はランチメニューがあったが、今はなくなったみたい。

グランドメニューから、民芸鍋焼うどん¥997と天重¥1102を注文した。

少し待って料理が運ばれてきた。



 民芸鍋焼うどん ¥997

民芸鍋焼うどんは、この店の定番料理の1つ。鉄製のふる里鍋(いろり鍋)で運ばれてきた。

うどんは少し平たい(断面が楕円)中太タイプの麺で、具として、海老天、しいたけ、焼かまぼこ、小さめのホタテ、鶏肉、わかめ、長ねぎ、春菊、玉子、揚餅2ヶが入ってた。

ピンクかまぼこではないので、彩り的には少々地味ながら、醤油色控えめのつゆが合わせてあるので、上品な鍋焼きって感じ。

うどんは手延べのよう。つるつるしてて、太さ的にも食べやすい。具沢山で、揚餅も入っててしっかりボリュームがあった。


 天重 ¥1102

天重は、ごはんの上に、海老天3つ(中サイズ)+野菜天が載ってた。海老は大きくないが、3つ並んでるので量感があって、数で勝負って感じ。これに小鉢(ひじき煮)、赤だし、漬物付いてて、高級感のある天重だった。

広々してて明るいのでゆったりできる。うどん、長崎ちゃんぽん、雑炊など、温かなメニューは、大きめの器にたっぷり入ってる。これからの肌寒い季節、家族で気楽に行くのによさそう。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■『味の民芸』 お店のHP
 茨城県つくば市天久保2-14-1
 電話:029-851-7108
 営業時間:11:00〜24:00
 定休日:無休