土浦市の自転車店が営む小さなラーメン店。

店舗兼住宅らしき建物は、最近改装されたよう。新築と見間違ようにすっきりとした外観。

駐車場はないみたい≫人気blogランキング



1階部分に自転車店とラーメン店が並んでた。玄関が別になってて、テナントっぽく独立した雰囲気。



のれんをくぐって中に入ると、店内はとてもコンパクト。奥が厨房で、客席はその手前の4人用テーブルが2つだけ。

厨房に50〜60代くらいのおじさんとおばさんがいて、店主夫妻のよう。

空いてる席に座ると、おじさんがやや無愛想にお水を持ってきてくれた。厨房ではおばさんが料理を作ってて、おばさんが調理、おじさんが接客を担当してるみたい。



壁に掲示してあったメニューから、ラーメン¥400、タンメン¥500、ぎょうざ¥400、半チャーハン¥300を注文した。

厨房内の左手の暖簾から自転車店に行き来できるようになってた。

厨房内から、フライパンで炒めものをしてるリズミカルな音が聞こえてくる。

ちょっと待ってたら、料理が運ばれてきた。


 ぎょうざ ¥400

ぎょうざは、楕円の白皿に餃子が6ヶ載っていた。きれいな焼き色が付いてて、香ばしく食べられた。


 半チャーハン ¥300

半チャーハンは、中皿にこんもりよそってあった。

玉子、焼き豚、なると、ねぎ、ごはんがたっぷりめの油で炒めてあった。玉子の混じる方が均一ではないところが家庭的でほほえましい。


 ラーメン ¥400

・麺…ウエーブした細麺
・スープ…背脂なし、醤油色中くらい
・具…焼豚、メンマ、なると、のり、長ねぎ

オーソドックスな醤油ラーメンで、食べやすい。小さいながらも自家製風の焼き豚が入ってて、庶民的なラーメンって感じ。


 タンメン ¥500

タンメンは、作りたての超熱々だった。

にんにくと一緒に野菜(たまねぎ、にんじん、ニラ、たまねぎ、豚肉)が炒めてあって、スープに油分や風味が馴染んでた。全体に少し塩分強めの味付けになってた。

小さな店なので、料理が作りたての状態で味わうことができる。町の片隅にあるとっても面白い店で、地元では人気があるのは納得できる。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■『豊崎自転車商会 ラーメン事業部』
 茨城県土浦市城北町10-1
 電話:029-821-2125
 営業時間:11:00〜19:00
 定休日:水曜日