土浦学園線沿いのチャイニーズレストラン。

大きな看板が目立つように掛かってた。水戸に本店があるみたい。

今年の3月オープンした≫人気blogランキング



ここは、以前『紅くじら食堂』だった店舗。外観はあまり変わってない。

駐車場は隣の『貴族の森』と共有になってて広い。店頭にメニューの掲示はなかった。



玄関入ると、縦長の店内は、すぐ右手にレジがあって(レジの先に厨房があった)、通路を挟んで左手は衝立てや柱で緩やかに仕切ってあるテーブル席コーナーになってた。



レジ脇に、日替りランチの内容が表示されてた。

厨房近くにいた男性と女性が、チャイニーズ訛りの日本語で迎えてくれて、席に案内してくれた。

 
 

ランチメニューから、日替りランチB¥780と酢豚定食¥880を注文した。ドリンク付きとのことで、ソフトドリンク7種から、アイスコーヒーとオレンジジュースをチョイスした。



先にドリンクが運ばれてきた。

ちょっと待ってたら、料理がトレイで運ばれてきた。


 日替りランチB ¥780

日替りランチBには、ラーメン、料理2品(鶏肉四川炒め、豚肉と野菜炒め)、唐揚げ、サラダ、ごはん、漬物、デザートが付いてて、品数のおおい豪華な定食だった。料理は1品でもおかずとして十分な量。たった¥780でこのボリュームにデザート、ドリンクも付いてるとは嬉しい。

ラーメンは、あっさりスープ&ウエーブのある細麺で、焼き豚、もやし、なると、ほうれん草、ねぎがトッピングされてた。

鶏肉四川炒めは、鶏肉、玉ねぎ、にんじん、ピーマンがピリ辛のとろみのない調味料での絡めてあった。豚肉と野菜炒めは、豚肉、キャベツ、ニラ、もやしなどが、あっさりした味付けで炒めてあった。

サラダは、レタス、にんじん、キャベツ、きゅうり、豆腐の上に、かいわれを載せて、胡麻風味のドレッシングがかかってた。

唐揚げは、揚げたてではなく冷えてたが、固めの衣が香ばしかった。

デザートは、賽の目切りされた杏仁豆腐で、1個だけマンゴープリンが混じってて、くこの実がトッピングされてた。


 酢豚定食 ¥880

酢豚定食は、酢豚、サラダ、ごはん、スープ、漬物、デザートという内容だった。

酢豚は、玉ねぎ、にんじん、ピーマン、豚肉が甘酸っぱいタレで絡めてあって、ちょっと玉ねぎは生っぽかったけれど、豚肉がたっぷりめに入ってて、日替りと比べると、品数は控えめだが、それなりに食べ応えがあった。

店内には北京語の歌(演歌に似てた)が流れ、従業員らが話す抑揚のある北京語の大きな声が聞こえて来て、まるで本場にいる雰囲気。グランドメニューに北京ダッグがいちばん大きく表示されてたが、ラーメンやギョーザなどなじみのある料理の種類も豊富だった。お手頃価格でボリュームのあるチャイニーズが食べられるので便利な店。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■『中国料理の鉄人』
 茨城県つくば市西岡240-1
 電話:029-836-8857
 営業時間:11:00〜23:00
 定休日:無休