つくば市のメキシコ料理店。

東大通り沿いにあるが、あまり目立たない。

サラダバーが再開したと聞いたので、行ってみた≫人気blogランキング

エルトリートは、1954年、アメリカのカリフォルニアで生まれたメキシカンレストランチェーンで、現在は『すき家』を軸に、2001年に東証一部上場し、業績を拡大しているゼンショウグループの店として、全国に6店舗を有してる。



大通りの反対側(東側)に入り口があり、その前に広い駐車場がある。

 

店頭の壁にメニューが掲示してあった。

建物内に入ると、階段になってて、中2階位まで上っていくと玄関扉があった。



中に入ると、すぐ左手のレジ&受付の前から、店内奥方向に通路が伸びてて、この通路の左手に客席(禁煙席、喫煙席、カウンター席など、緩やかに仕切って、いくつかのコーナーになってる)が配置されてた。

レジ近くの通路右手には厨房があって、オープンキッチンっぽくガラス越しに調理作業が見える。そしてこの厨房の前が、サラダバーになってた。

奥から出てきた女性従業員に喫煙の有無を尋ねられてから、席に案内された。



窓際の客席からは、車が東大通りを行き交う車が見えた。



席に座ってメニューを見た。

ランチメニューは、9種で¥800〜1000(+¥200でドリンク付き)。サラダバーが付いてるのは、サラダバー&タコスランチ¥900だけ、他のメニューには付いてなくて、ランチタイムは+¥336で追加できるようになってた。

ちょっと考えて、サラダバー&タコスランチ(ドリンク付)¥1100、チキン&ファヒーターランチ(ドリンク付)¥1200を注文した。



先に、お水とコーンチップスが運ばれてきた。

 

サラダバーは、以前よりずっと充実してて、サラダ&スープバーになってた。

生野菜やサラダ、茹で野菜+フルーツなどが20種(レタス、ほうれん草、にんじん、トマト、マカロニサラダ、ポテトサラダ、コーン、オクラなど)、ドレッシングが4種、スープ2種(コーンスープ、トマトスープ)と豊富。



ちょっと待ってたら、料理が運ばれてきた。



サラダバー(上)&タコスランチ ¥1100

タコスは2種、トルティーヤ(クレープ状の皮)の中に生野菜&ほぐした牛肉を包んだもの、生野菜&ほぐしたチキンを包んだものだった。これにアボガドディップとサルサソースが付いていた。


チキン&ビーフファヒーターランチ ¥1200

ファヒーターは、フライパンに野菜(玉ねぎ、ピーマン、トマト)、チキン、ビーフを載せた状態で運ばれてきた。肉の量は控えめながら、サルサソース&ディップ、丸形の保温器にトルティーヤ3枚が添えてあった。


ドリンク

ランチメニューは、少し価格が上がって、サラダバーも任意で追加するようなシステムになったけれど、その分、内容が充実したので、ゆっくり食事できそう。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■『ELTORITO(エルトリート)』つくば学園店 お店のHP
 茨城県つくば市天久保2-16-4
 電話:029-850-2012
 営業時間:11:00〜深夜2:00
 定休日:無休