ひたち野うしく駅東口の韓国家庭料理店。

駅前のマンション1階にある

今月で1周年になるらしい≫人気blogランキング

駐車場は、道を挟んだ向かい側に数台分あった。



店頭にランチメニューが掲示されてた。



玄関入ると、奥が厨房とそれに面したカウンター席になってて、手前側に丸テーブル(6人×3)が配置されてた。左手奥は小上がり(6人卓×3)になってた。

オレンジ色でまとめられた店内は、明るくカジュアル。接客係の女性に迎えられて、空いてる席に座った。

厨房には、30代位の韓国人男性と女性が2人(30代と50代位)いて、家族経営的な雰囲気(男性は、日本語が流暢ではなかった)。

 

 

ランチメニューから、海鮮あんかけ丼¥945と牡蠣チヂミ定食¥1050を、グランドメニューからトッポキ¥840など数品を注文した。


 ナムル&キムチ

先に、ナムルとキムチが運ばれてきた。

各3種づつがお皿に盛ってあって、サービスで付いてる品のよう。キムチは色鮮やかで、とても辛かった。ナムル2種は、唐辛子色じゃなかったので、大丈夫だろうと思って食べたら、相当辛かった。


 海鮮あんかけ丼ランチ ¥945

海鮮あんかけ丼は、辛味なしで注文した。

ごはんの上に、具(キャベツ、長ネギ、にんじん、イカ、海老、玉ねぎ、貝など)がたっぷり載ってて、のりがトッピングされてた。

中華丼を想像してたが、タレが少なく具沢山で、ごはん&野菜炒めって感じ。家庭的な味で食べやすかった。


 牡蠣チヂミ定食ランチ ¥1050

牡蠣チヂミは、ニラと小ぶりの牡蠣が多め(5〜6ヶ位)入ってて、モチモチしてた。

牡蠣は、上下の生地に挟まれるように入ってて、蒸し焼き風に身がふっくらしてた。

半分は薬味を付けずに、半分は辛み&酸味のある薬味を付けて食べた。薬味を付けると、魚介の臭みが消えて、酸味によってあっさりした味わいになる感じ。

これに、ごはんとスープが付いてて、お腹がいっぱいになった。


 トッポキ ¥840

辛さ中くらいで注文したトッポキは、棒餅、さつま揚げ、にんじん、玉ねぎ、長ネギが色鮮やかなタレで絡めてあって、見ため通りとても辛かった。

辛いけれど、タレの甘み、さつま揚げの甘みが効いてて、弾力のある棒状の餅と絡むとみたらし団子っぽい甘さで、懐かしい味わい。次回は、辛さ控えめで注文しようかな…。


 キンバ(スープ付)¥840

キンバは、韓国海苔巻きのこと。

韓国海苔の中に、玉子、野菜、魚肉ソーセージなどの具が巻いてある。ごま油の香ばしさが効いてて、普通の太巻きより好き。なのに、最近は、これを食べられる店が少ないので、とても嬉しい。


 豆腐チゲ ¥987

豆腐チゲは、辛さ中くらいで注文したが、とても辛かった。玉子を混ぜたら、いくらかマイルドになったものの、それでもまだ辛かった。白いごはんを混ぜたり、箸休め的に食べながら、額に汗しながら食べた。



食後に、くこの実の入った薄茶色のお茶を運んできてくれた。ひとくち飲んでみると、ほんのりした甘さと生姜っぽい香りが口の中に広がって、口の中のひりひり感がなくなった。

日本人用にアレンジしていないそのままの韓国家庭料理って感じ。韓国の人はこういうものを食べてるんだなあ、と実感できる。この遠慮のない辛さは、クセになりそう。おすすめ度7.1。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■韓国家庭料理『櫻花(おうか)』
 茨城県牛久市ひたち野東28-4-101
 電話:029-872-1712
 営業時間:11:00〜23:00
 定休日:水曜日