土浦の住宅街にある和食店。

国道125号の市民会館入口交差の北50mで西に折れて、小路を100m程行くとある。

創作料理が食べられると聞いた。≫人気blogランキング



反ったような屋根瓦がクラッシックな和風の建物。2階建ての民家と隣接してて、住まい兼店舗のよう。

玄関先の庭の横〜建物脇が、10台分くらいの駐車場(以前は広い庭だった?)。



暖簾をくぐって入ると、すぐ右手がレジで、少し進むと、右手がL字のカウンター席で、左手が和室になってた。

和室の上がり口のところには、メニューの書かれたホワイトボードが掲示されてた。



右手のカウンター席は、広めの厨房に面してた。



左手は、10帖(8帖+縁側約2帖)和室×2間。床の間があって、神棚も祭ってあって、旧家の座敷のような造り。黒いテーブル(4人卓×6)を配置し、鴨居にはお酒の銘柄が並べて貼り出してあるので、懐かしい居酒屋の雰囲気。

40代位の女性にいらっしゃいませと迎えられて、空いてる席に座った。

厨房では店主らしき男性(ちらっとしか見えなかったけど50代位?)が働いてて、夫婦で切り盛りしてるよう。

 
 

メニューを見て、カキフライ&ヒレカツ¥900、オムライス¥900を注文した。

ちょっと待ってたら、和盆で料理が運ばれてきた。


 カキフライとヒレカツ ¥900

カキフライ2ヶ、ヒレカツ2ヶは、キツネ色にサクッと揚がってて、イタリアン風ドレッシングのかかった生野菜を添えて、洋皿にレストランの料理のように盛り付けてあった。

これに、ごはん、あさりのみそ汁、ほうれん草のごま和え、デザート(ヨーグルト)が付いてる。

カキフライとヒレカツが一緒に味わえて、ちょっとリッチな定食だった。揚げ物がたっぷりめで、デザートもついてこの値段とは、働くおじさん達に人気がありそう。

お客は常連さんが多いみたいで、お店の人といろいろ喋ってる人が多かった。


 オムライス ¥900

オムライスは、ケチャップライスを半熟の玉子で覆って、マッシュルーム入りのデミグラスソースがたっぷりめにかけてあった。

ケチャップライスは、中くらいの海老5ヶと荒めに切った玉ねぎで作ってあって、肉で作ったものより味が淡泊。海老はぷりっとしてて、半熟玉子は、ふんわりトロッとしてて、トマトっぽい酸味の効いたデミグラスソースと絡んでた。

見た目よりボリュームがあって、サラダ、みそ汁、ほうれん草のごま和え、ヨーグルト付きなので、お腹がいっぱいになった。

一品料理は、エスカルゴ、豚スペアリブ、子羊のソテーなど、和にとどまらず洋仏の要素を加味したものがいろいろあった。

和風のお座敷で、幅の広い料理が楽しめるので、ちょっとおしゃれにお酒を飲みたい時にぴったりの感じ。ランチはボリュームがあってお手頃価格なのでおすすめ度は、7.1。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■厨房館『JINYA』
 茨城県土浦市西真鍋町2-3
 電話:029-823-8535
 営業時間:11:30〜14:30、18:00〜23:00
 定休日:日曜日