つくば市の洞峰公園の中にあるカフェ。

洞峰沼の畔に建つ新都市記念館の中にある、

眺めが良さそうなので立ち寄ってみた。≫人気blogランキング

新都市記念館は、昭和55年に建てられたピラミッドのような形のレンガ&ガラス造りの建物。その芸術的な外観は、筑波研究学園都市らしい感じ。



西大通りからも近い建物内に入ると、左手の奥が黒板や衝立てなどで仕切られてて、ここがカフェのよう。

 

オブジェと衝立の前に、手書きの案内版やメニューなどが掲示されてた。



机の上に置かれてたランチメニューを見てから、中に入ろうとすると、入口左手のレジにいた50代位の女性に食事かどうかを尋ねられた。

ランチと応えると金額を告げられて、前払いのシステムになってるよう。支払いを済ませると、眺めのいい席にどうぞと言われたので、レジの先のカウンターの横を通って、中に入って行く。

この店は、レジにいた女性が1人切り盛りしてるみたい。
会計を済ませると、カウンター内で料理をはじめた。



奥の窓は、池に面している店内は、ホールのようにがらんとしてて、板張りの天井が片下リのになってて、図書館&コテージをミックスさせたような雰囲気。



パンフレット、水&コップの置かれたテーブルを中央に、テーブルが丸や四角のテーブルが配置されてた。



窓際に座ると、池越しに洞峰公園が見渡せるような感じだった。



注文受けてから、各料理を手作りすると掲示されてたので、窓の外を眺めながら待った。池の淵では、羽をバタバタさせて鳥(あひる?)がいて、静かな湖面にさざ波がたっていた。

ちょっと待ってたら、お待ちどうさまでしたと、後ろから声をかけられたので、料理をカウンターのところまで取りにいった。


 あひるランチ ¥650

あひるランチは、トレイにランチプレート、ヨーグルト、ほうじ茶が載っていた。

ランチプレートには、とり釜めし、サラダ(もやし、サーモン、トマト&中華風ドレッシング)、オリエンタル風野菜炒め(ピーマン、エリンギなど)と温野菜、一夜干しのイカで、家庭料理みたいだった。

食事メニューはあひるランチ1種のみ(10食限定らしい)と、民間の経営ではないよう。場所がとってもいいので、ちょっともったいない感じ。

コーヒー、紅茶の他、ビール&日替わりのおつまみセット¥500、ケーキセット¥500〜650などもある。つくばに来たなら、洞峰公園の景色を一服しながら楽しむのに絶好の店。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■CAFE『あひる』
 茨城県つくば市二の宮2―2 洞峰公園