筑波大学の近くの定食屋。

平塚線中央の交差点から南に入ったアパートやマンションが建ち並んでる一画にある。

ちょっと店を見つけたので行ってみた。≫人気blogランキング

この付近は、3方向を筑波大学の施設に囲まれてて、道路が大学構内に繋がっていないため、ちょっと袋小路っぽく、奥まったような雰囲気が漂ってるエリア。



長屋風に3つの店が連なるテナントの端っこにある。



店頭に掲示されてたメニューを見ながら、店の中に入った。



店内は縦長の長方形型。

右手が厨房とそれに面したカウンター席になってて、左手に学校の机&椅子が班学習のように配置されてるので、色違いのテーブルクロスがかかってるものの、教室っぽい簡素な雰囲気で、若返りした学生街の食堂って感じ。

カウンター内にいた40〜50代くらいの男性が店主のよう。1人で切り盛りしてるみたい。

いらっしゃいませと迎えられて、空いてる席に座った。

 

メニューから、まかない定食(日替わり)¥750と焼肉(テリヤキ)定食¥600を注文した。

壁には、まかない亭特製てりやきのタレ(180ml)150円好評発売中!と貼り紙がしてあって、テリヤキが得意メニューのよう。

その隣には、注文時に、代金をカウンターorテーブルの上にのせておいたら、手が空いてる時に精算します(帰る時でもOK)という貼り紙もあって、1人で切り盛りするための工夫らしい。

水、コーヒー、紅茶はセルフサービスとメニューに記載されてたので、席を立ってカウンターのところに準備してあった麦茶をコップに入れて持ってきた。

ちょっと待ってたら、店主がトレイに載せた料理を運んできてくれた。


 焼肉(テリヤキ)定食 ¥600

豚のテリヤキ、ごはん、玉ねぎのみそ汁がトレイに載ってて、とてもシンプルな定食だった。

テリヤキは、食べやすいサイズ(4cm大位)に切られた豚肉に、ぽったり甘めのタレが絡んでて、肉には薄く小麦粉を振ってあったのか、薄切り肉なのに柔らかな食感で、脇には千切りキャベツ&レタスがたっぷり添えてあって、見た目よりボリュームがあった。


 まかない定食(日替わり) ¥750

まかない定食は、内容は鮭塩焼き、玉子焼き、しゅうまい2ヶ、ひじき煮という内容だった。

玉子焼きはふっくら焼きたて、鮭は甘口のが香ばしく焼けてて、しゅうまいは温
めてあって、脇にはたっぷりキャベツ&レタスが添えてあって、飾り気のないおかずで構成されてて、定食というより、作りたての家庭料理の感じ。

おかず2倍+ごはん大盛りのジャンボ定食があったり、魚フライやアジフライも1ヶ¥80〜100で追加できるので、空腹度や懐具合や体調にあわせて気楽にごはんが食べられるのは便利。1人暮らしに不足しがちな野菜もたっぷり添えてある心遣いもうれしい。

インテリアや盛り付けの演出に全く無頓着のようで見た目は良くないが、定食、丼もの、カレー、うどん、にゅうめん、おかゆ、タコライスとメニューは意外と豊富で、料理はていねいに作ってあり、まかない料理としては質的にも量的にも充実してる。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■『まかない亭 三丁目』
 茨城県つくば市天久保3-6-6
 電話:029-852-8555
 営業時間:11:00〜14:30、18:00〜21:30
 定休日:土曜日