つくばQ't3階のレストラン街にある蕎麦店。

株式会社ガラエンタープライスが、12種の塩を肴にお酒で楽しむ青山『GALALI』、12種類の味噌を肴に黒糖焼酎を楽しむ千駄ヶ谷『がらり』に続く店として、昨年8月オープンした。≫人気blogランキング

社長の重野和稔氏は、外食界の鬼才「際コーポレーション」の中島武社長の下で飲食ビジネスを学んだ後、2002年この会社を設立した。

店頭のショーケース内には、ずらりとお酒の一升瓶が並んでて、居酒屋的要素が強く感じられる。HPを見ると青山にある『GALALI』は蕎麦はなく、純然たる居酒屋のよう。



入ると、右手のレジの後ろが、蕎麦打ちコーナーになってて、そば粉が付着した麺台やこね鉢が置かれてて、左手は、テーブル席(4人×6)が配置されてる客席があって、その奥が、三角のカウンター席(6席)、小さめの部屋(4人×2くらい)、厨房になってた。

すぐに女性従業員が出てきて、空いてる席に案内してくれた。禁煙or喫煙は聞かれず、喫煙席に案内された。

Q'tの通路とを格子木&ガラスで隔ててある店内は、京都っぽい雅さのある落ち着いた内装になっていて、天井まである間仕切り棚には、酒瓶が粋に並んでて、洗練されたおしゃれな店って感じ。

 
 

席に座って、メニューを開くと、1ページ目に、この店の蕎麦は、奥多摩の静かな蕎麦小屋で作られた蕎麦と書いてあった。

写真が載ってるセットメニューから、がらりセット¥900とそばセット¥950を注文した。

やや待って(20分強)から、料理が運ばれてきた。


 がらりセット ¥900

がらりセットは、半玉そばorうどん(冷or温)、塩おにぎり、天ぷら3点盛、小鉢、デザートが付いてるセットで、冷たいそばで注文した。

半玉そばは、口のすぼんだ籠に盛ってあった。箸で掬って持ち上げるのがちょっと面倒だったが、見た目はかわいい。

そばは色白で、そばの香りは薄めで、機械打ちのように形が整ってた。かつおの香りのするマイルドなそばつゆはあっさりめだった。

天ぷらは、海老、なす、カボチャで、サクッと揚がってた。塩おにぎりは、ごはんが炊きたてでなかったがおしゃれな感じ。小鉢はゼンマイの煮物。デザートは、揚げたそば団子のみたらしって感じで、濃い味のタレが絡めてあった。


 そばセット ¥950

そばセットは、そばorうどん(冷or温)、小丼、漬物のセットで、温かいそば+親子丼をチョイスした(小丼は、天丼、親子丼、湯葉丼、焼肉丼の4種から選べる)。

温かいそばは、わかめと柚子がトッピングされてて、そばつゆは甘口だった。親子丼には、のりがたっぷりトッピングされてて、玉ねぎが生っぽかった。そばの量が多めだったので、お腹いっぱいになった。

場所柄、もう少しスピーディに料理がでてくれば便利かも。夜は大人の居酒屋って感じで、おしゃれにお酒が飲めそう。

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■蕎麦&酒『青山がらり』 お店のHP
 茨城県つくば市吾妻1-6-1
 電話:029-851-1615
 営業時間:11:00〜22:00