筑波大学の近くの学園平塚線沿いにある食堂。

外観がいかにも昔ながらの定食屋らしい。

店の裏手にある3台分位の駐車スペースは、すでにいっぱいだったので、少し離れた場所に駐車して、歩いて店まで行った≫人気blogランキング



アパートとお弁当やさんに挟まれるようにして建ってる。

飲食店や本屋などが立ち並ぶこのあたりは、古くからの学生街だが、最近は、トレモントホテルも閉まってて、どんどん様変わりしてる。

店頭にはメニューの表示がなかった。最近はメニューが店頭にある店が多いし、昔とは違い学生同士の連絡が少なくなったので、表示があると新入生などは入りやすいかも。

寺田屋4

縦長の店内は、右手が厨房とそれに面したカウンター11席になってて、通路を間に、左手が小上がりの4人席が3つ位あった。

厨房にいた50代位の少しやせ形の男性が店主のよう。客席側にいた女性が奥さんで、夫婦で切り盛りしてる店のよう。

壁に七福神の絵が並べて飾ってある店内は、ちゃんと整頓され、小上がりのテーブルには、ピンクのテーブルクロスが掛かってて、家庭的な雰囲気。

 

メニューを見ると、焼魚、ハンバーグ、フライ、天ぷら、カツカレーなど、定番の定食20種がどれも¥500〜600(いちばん高いのが海老フライ定食¥800)。その中から、焼肉定食¥600とトンカツ定食¥600を注文した。

注文を受けると、店主は材料を取り出して、調理を始めた。カウンター越しに見える店主の姿や聞こえてくる音から、材料を切って、いためてと、調理の進行状況がわかるのは、こぢんまりした定食店ならではの感じ。

ちょっと待ってたら、料理が運ばれてきた。


 焼肉定食 ¥600

焼肉は、お皿にキャベツ、マカロニサラダ、オレンジを添えて、たっぷりと盛り付けられてた。豚肉、もやし、ニラが甘からいタレを絡めて炒めてある焼肉は、庶民的なおかずって感じ。

これに、丼めし、みそ汁、漬け物が付いてる。

みそ汁は、葉っぱの色が少しあせてたが、食べてみると、具がほうれん草と白菜の家庭的なみそ汁だった。ごはんはボリュームたっぷりめだった。


 トンカツ定食 ¥600

トンカツは大きくてボリュームがあり、細めのパン粉で、カラッと揚げてあるので、サクサクした食感で香ばしく食べられた。この値段でちゃんとしたとんかつ定食が食べられるの嬉しい。

見た感じが古くて、メニューも外に表示されてないので入りにくい雰囲気。しかし、入ってみると意外にも中はちゃんと整理されてて機能的で、お手頃価格でボリュームたっぷりの家庭的な手作りの定食が食べられる。こんな店が近くにあると、とっても便利。


応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■大衆食堂『寺田屋』 →つくば和食店リストへ
 茨城県つくば市天久保3-10-4 →つくば和食マップへ
 電話:029-852-4569
 営業時間:9:00〜22:00
 定休日:不定休