土浦市の小さなイタリアンレストラン。昨年オープンした。

亀城公園の南東約200mの目立たない所にある。

ここは以前『faro』だった店舗。≫人気blogランキング



亀城公園北の交差点から国道125号を土浦駅方面に300m進み、左手にY字に分離する小路を20m程行くと、ビルの1階に店がある。

駐車場はビルの北側にあった。

ピエーノ5

店頭にメニューが掲示されてた。

ピエーノ6

階段を2段上って、デッキ風の入口から中に入った。

店内は縦に細長い。すぐ右手がレジで、その奥が縦長の厨房とそれに面したカウンター席(6席)になってる。通路を挟んで左側に、縦にテーブル(4人×4)が配置されてて、いちばん奥には小上がり風のお座敷席(4人×2)があった。

使い込んだ色調の柱&床材に、薄黄の凸凹の漆喰壁(凸凹は軍手をつけた手でつけた模様みたい)、厨房周囲にはレンガ、天井にはすだれをあしらって、片田舎の素朴さをイメージした内装で、気どらない温かな雰囲気。

厨房では30代位の男性が調理をしてて、女性スタッフ2人は接客や時々厨房内でも作業してた。

ピエーノ7

ランチメニューから、大粒帆立とむき海老のトマトクリームのパスタランチ¥1250とピエーノランチ¥1980を注文した。

■大粒帆立とむき海老のトマトクリームのパスタランチ ¥1250
 (パスタ、サラダ、パン、ドリンク付き)




パスタランチは、パスタ5種¥1050〜1380から大粒帆立とむき海老のトマトクリームのパスタ¥1250をチョイス。

サラダ、パン付きで、先に運ばれてきたサラダには、自家製のドレッシングがかかってた。

パンは、ケーキのように三角にカットされたクミンシードのフォカッチャだった。ほんわり温かくて、生地の中に混ぜ込んであるクミンによって、エキゾチックな風味のフォカッチャになってる。

パスタは、固めに茹でられたスパゲティが生き生きした食感。大粒の帆立(2ヶ分)は、1ヶを2つ程に切って入ってて、切ってあってもたっぷり大きめなので、帆立らしい甘さが感じられる。+むき海老(大きめ)4ヶがトマトソースと生クリームの合わさったサーモン色のソースに絡んでて、クリーミーでまろやかなリッチなパスタって感じ。

■ピエーノランチ ¥1980
(前菜、パスタ、肉or魚料理、パン、ドルチェ、ドリンク付き)

 前菜:サーモンのマリネ

薫製風のサーモンは、ガラスの器に扇(トランプ?)を広げたように盛り付けてあって、涼しげな一品。添えてあるケッパーと一緒に食べると、酸味によってさっぱりと味わえた。


 パスタ:ツナときのこのトマトソース

パスタは、2種から選べた。メインが後に控えてるので、量はやや控えめ。スパゲティは固めに茹でられてて、フレークのツナがトマトソースと絡んで、全体をまとめてる感じ。


 メイン:五穀味鶏のグリル&パン

メインは2種から選べた。五穀味鶏のグリル四角い白皿にトマト、ニンニク、アスパラ、ミニコーンを添えて、カラフルに盛り付けられてて、別皿にクミンシードのフォカッチャが添えてあった。

鶏肉は、塩をふって香ばしくジューシーにグリルしてあって、シンプルだがストレートに素材の味が楽しめた。添えてあった野菜は、温野菜ながら色だけでなく味わいもフレッシュだった。


 ドルチェ:モンブラン

モンブランは、ブリュレみたいな白い器に入ってた。麺状のマロンクリームの下には、滑らかなカスタードが入ってて、脇には粒子の細かいソフトタッチのアイスが添えてあって、3つの味を同時に楽しめるようなデザートだった。


 カプチーノ&コーヒー

駅近くにありながら、その立地条件から隠れ家的。おしゃれな造りで素朴感を演出してあるので、温もりのある雰囲気で気楽に立ち寄れる店。


応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■イタリア食堂『Pieno(ピエーノ)』
 茨城県土浦市中央2-10-11 →つくばイタリアン店リストへ
 電話:029-827-2037   →つくばイタリアンマップへ
 営業時間:11:30〜14:30、17:30〜23:00(LO22:00)
 定休日:月曜日