土浦学園線沿いのインドカレー店。

タージマハルとは、17世紀に22年の歳月をかけて造られたインドの壮大な宮殿である。

この店は、他の店だったのをすばやく改装して昨年11月にオープンした≫人気blogランキング



ここは、すし店『日本海』として建てられ、その後、ラーメン店などに入れ替わっててた。

白壁の箱形の建物で、店頭と建物裏手に駐車場(15台分位)がある。看板はあるものの、車で通りかかるとあまり目立たず、小さな店のような気がしたが、近くによると意外に大きい。



玄関入ると、すぐ正面にゆったりしたレジカウンターがあって、その奥が左右2カ所に分かれてる。

右手は、奥が厨房になってて、手前にテーブル席が配置されてる。



レジカウンターの後ろを回り込むように左手にいくと、窓に沿ってテーブル(4人×5)があり、奥には個室がある。

飲茶の店だった頃の凝った構造が残る店内は、窓にレースのカーテンがあしらってあって、明るくおしゃれな雰囲気。インド料理といえば、暗めの古めいてた店が多かったので、窓が大きい戸建の店は斬新な印象。

インド人らしき男性に迎えられて、空いてる席に座った。



ランチメニューから、日替わりカレーセット¥750と2カレーターリーセット¥900を注文した。ドリンクは、4種からラッシーとアイスチャイを選んだ。

接客係のインド人の男性に聞くと、日替わりカレーはキーマと玉子のカレーとのことだった(カレーの辛さについては、聞かれなかった)。


 ラッシー&アイスチャイ

先にドリンクが運ばれてきた。

ラッシーは、ぽったり甘くて飲みやすい。
アイスチャイは、煮出してあるみたいで、風味に深みがあって、(でも苦くない)シロップが添えてあった。


 ランチセット:日替わりカレー ¥750

ランチセットは、ナン(orライス)をチョイスした。

ナンは、四角のカゴっぽい器に、窮屈そうに入れられてたので、見た目は小さめだったけれど、食べ始めたら他の店と同じくらいの大きさだった。焦げめ多めに焼いてあって、ふっくらもちもちしてた。

キーマ&玉子のカレーは、鶏肉と卵白が混じってて、ゆで卵&キーマカレーというものではなく、調理の過程で卵を入れて作ってある感じのカレーで、中辛というより辛口っぽく、ピリッと辛かった。

カレーの中には、カルダモンの粒が入ってて、スパイスの風味が生き生き感じられた。これにサラダがついてる。


 スペシャルセット:2カレーターリー ¥900

2カレーターリーは、ナン&ライス+2種類のカレーが食べられる欲張りなセット。カレーはマトンとチキンをチョイスした。

カレー2種は、小さめ(直径6〜7cm)の器に入ってて、量的には少し控えめ。チキンカレーは、さらさらとした液体っぽいルーで、マトンカレーは、ピューレ状のぽったりとしたルーで、両方とも肉は多めに入ってた。

カレールーには、オリーブの葉っぱが混じってたりして、2種ともやはりピリっと辛くスパイシーだった。

ナンは、日替わりカレーと同じサイズので、これにサフランライス(日本米で炊いてある)が付いてるので、ボリュームたっぷりのランチセットだった。

カレー毎にルーの濃度や食感が異なるし、粉末でないスパイスをちゃんと用いてあるせいか、単なる辛さではなく、香りに広がりがあって、風味豊かな辛さって感じで、インドカレーの奥深さを知った。おすすめ度7.3。


応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■インド料理&バー『Great Taj Mahal』
 茨城県つくば市西大橋 →つくばエスニック店リストへ
 電話:029-856-5488 →つくばエスニックマップへ
 営業時間:11:30〜15:00(土日祝〜17:00)
      17:00〜23:00
 定休日:年中無休