つくば市の土浦野田線沿いのラーメン店。

シネプレックス・ヤマダ電機の向かい側の黄色い建物の1階にある。

テクノパーク桜にある『一休』の支店で、2006年の年末にオープンした≫人気blogランキング



ここは、土日は人出が多いので、気軽に立ち寄れるラーメン店にはぴったりの場所かも。

店頭が6〜7台止められる駐車場になってたが、向かい側から歩いて来てる人たちもいた。



広めの店内は、左側に座敷席、右にテーブル席があり。奧が厨房とそれに面したカウンター席、手前中央に三角の大テーブル席、手前の窓際にカウンター席になってた。

女性従業員がにこやかに迎えてくれて、空いてる席に座った。

 
 

メニューから、東店限定の石焼つけ麺¥800、味玉らーめん¥730(麺のかたさ:かため)で注文した。

女性従業員は、マニュアル化されてるような丁寧でスマートな対応だった。

ちょっと待ってたら、ラーメンが運ばれてきた。


 味玉らーめん ¥730

・麺…白いストレート細麺
・スープ…白濁、油分中〜やや控えめ
・具…焼豚1枚、細切きくらげ、味玉1ヶ、のり1/4枚、ねぎ

スープは、あまり熱々じゃなかったので、すぐに飲めた。とんこつ特有の酸味やくさみがなく、食べやすいライトなとんこつ。

麺は、かためで注文したら、芯が残ってるような固めの食感だった。スープが熱々じゃなかったので、余熱で柔らかくなりすぎりもなさそうなので、堅さは並でもよかったかも。

味玉1ヶは入ってるものの、値段にしてはシンプル。

近くの席の人は、テーブル上の辛し高菜、紅生姜を多めに入れてラーメンを食べてて、最後の方には、ラーメンスープの残り+ごはん、辛し高菜、を入れて全部平らげてた。


 石焼(肉味噌)つけ麺 ¥800

つけ汁を味噌ラーメンのスープを想像してたら、違ってた。

麺は、みるからに中華麺って感じの黄色の中太麺で、らーめんより麺の量が多く感じた。

つけ汁は、玉ねぎなどからの甘さがあって、味噌と醤油の中間っぽい丸み&コクがある。汁の底には、鶏挽肉が沈んでて、つけ汁に麺を浸したときに絡んでくる。


 ひとくち餃子 ¥300

ひとくちというより大きいサイズ(6ヶ)で、色よく焼けてた。

明るく広い店舗で、おしゃれで斬新なラーメン。シネプレックスなどに来たついでに行くのに便利。


応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■豚真拉麺『一休』東店
 茨城県つくば市東2-31-9 →つくばラーメン店リストへ
 電話:029-846-7219  →茨城県南ラーメンマップへ
 営業時間:11:00〜23:30
 定休日:無休