筑波西武1階の食品売場にあるベーカリー『DONQ(ドンク)』。

横長の売り場は、左手にパンの陳列コーナー、レジを挟んで右手が量り売りのミニパンコーナーになってる。

ここのミニクロワッサンなどが、私のいちおしのおやつ≫人気blogランキング

百年以上前の1905(明治38)年に神戸で創業。現在は、北海道〜沖縄まで120の店舗がある。2005年春、筑波西武がリニューアルに伴ってつくばに出店した。

フランスから直輸入した石焼き窯ボンガードオーブンで焼いた、バケットをはじめとする香ばしいパンがいろいろ揃ってる。しかし私はパンより、このミニパンの方をよく買う。

4台あるレジのいちばん右が、ミニパン専用になってる。



メロンパン、甘食、チーズなどなど、これまでミニシリーズのパンはいろいろあったが、現在売られているのは、クロワッサン、ミニチョコクロワッサン、五豆もち+月替わりの品(2月)アップルティの計4種。

クロワッサンとミニチョコクロワッサン(ミニチョコクロワッサンは、クロワッサンより後から発売された品だが)が定番の品。

ショーケース内にミニパンが並んでて、専任の店員さんがいる。購入したい量(個数orグラム)を告げて買う。奧のオーブンで焼きながら売ってるので欠品のこともあるが、いつも作りたてが買える。

この4種を、今回は各100gづつ購入した。

手作業で仕込みながら焼いてるので、脇で販売されてるパンのように大きさが同じではない。1ヶ1ヶ微妙に異なる姿形が、また愛らしい。

■ミニクロワッサン:100g¥158

 約117g(4ヶ) ¥186

長さは約7cmで、てっぺんに塗られたシロップが光沢と甘さを与えてる。バターの風味と塩分が効いてて香ばしく、パイ生地は層がしっかりしてるので、見た目より食べ応えがある。

■ミニチョコクロワッサン:100g¥189

 約110g(5ヶ) ¥208

長さは6〜7cmで、チョコが練り込んであるパイ生地使用。パイ生地は、表面がサクサク香ばしく、中はしっとり。真ん中のチョコクリーム(このチョコ、暖かい季節は柔らかく、寒い季節は固まってて、板チョコみたいな食感)をやさしく包み込んでる。特に焼きたてはチョコとさくさくしたパイ生地の食感がよく調和している。

■五豆もち:100g¥189

 約116g(7ヶ) ¥220

5cm前後の丸っこいパン。パン生地の中に、小豆、緑豆などが混ぜ込んである。
表面に粉が付いてて、素朴な焼き餅って感じ。表面は固めで、中のもちもちした層は、適度に油分を含んでて、甘さとしょっぱさ(塩味)のその中間的で素朴な味になってて懐かしさも感じる。

■アップルティ(月替わり、2月):100g¥189

 約110g(6ヶ) ¥209

ミニサイズのデニッシュペストリー。アップルティ(紅茶)茶葉が混ぜ込んであるパイ生地の中央に、りんごがトッピングされてる。カスタードクリームなどが入ってないので、りんごの甘さ&紅茶の香りがシンプルに味わえる。


どれもミニサイズなので、就園前の小さな子ども〜高校生、大人にと、それぞれの空腹度に合わせて食べられる。

通常サイズのクロワッサンが1個¥189という価格と比べてもお得な感じ。

小さくて1個¥40前後と気軽に買える。通常サイズのパン1個食べるところを、同じような大きさと値段で、4種類のパンが楽しめるので便利。おやつとしてなら、甘さ控えめで、その日に食べると香ばしくておじさんたちにもうけそう。あまり人に知られたくなかった品。パン屋でなくおやつとしてのおすすめ度は、7.6!


応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■boulangerie『DONQ』 お店のHP
 茨城県つくば市吾妻1-7-1 筑波西武1階フロアガイド
 電話:029-851-1590  →つくばケーキ店&おやつリストへ
 営業時間:10:00〜20:00 →つくばケーキ&おやつマップへ
 定休日:不定休(筑波西武の休みに準ずる)