石岡市にある食堂。片道2車線のきれいな道路沿いにある。

妙な名だが、読者からすすめられてた店。魚料理が得意とのこと。

近くに行ったのでついでに寄った。≫人気blogランキング



店名から、地元密着型の古めかしい店を想像してたが、まだ新しいビル1階にあった。意表をつかれて、ちょっとびっくりしながら、店に入った。



玄関入ると、正面(2〜3m先)に受付のような帳場があって、それを囲むように手前:テーブル席(4人用×3)、左手:お座敷(4人卓×3?)、右手:小上がり(4人卓×3)、とコの字型に客席が設けられてた。

障子戸を通して光が差し込んでる店内は明るく、各テーブルの上には、ポットや湯飲み茶碗が置かれてて、実用的な雰囲気(帳場の脇に氷&水が準備してあった)。

 

帳場には40代位の女性が座っていて、その前には、食券をお求め下さいという木札が置かれてた。券売機ではなく、店員に対して注文し、券を買うシステム。最近ではちょっと珍しい。

上方壁には、メニューが掲示されてて、脇の方には日替わり定食の実物が見本として置かれてた。

初めての店だったので、迷ってしまい、周囲を見わたしてみると、「板さんおすすめ品」はソノ大半が魚料理で、店内壁には魚拓が何枚も貼られてて(店主が釣り上げたらしい)、魚料理を得意してる店のよう。

日替わり定食¥630と「板さんおすすめ品」からホウボウの煮つけ¥800を+¥200で定食にして注文した。

帳場に座っていた女性は、注文受けると、堂々とした様子で立ち上がって、帳場左手にある厨房の方に注文を告げに行った。この女性が店の責任者のようで(店主or店主の娘さん?)、玄関前のテーブル席でノートを付けたり、食事をしてたりしてた。

食券や引き替え券などは渡されなかったけれど、そのまま空いてる席に座った。

 

テーブル上には、メニューが置かれてた。一品料理がいろいろあって、居酒屋の感じ。


 日替わり定食 ¥630

日替わり定食は、白身魚のムニエル風定食だった。

平べったい魚(横15cm×縦8cm×厚さ1cm位の大きさ)が薄い衣(片栗粉)を付けて揚げてあって、上からクリームソースがたっぷりかけてあった。

魚は、ホタテのように繊維が縦に割れるような肉質の魚で、ちょっと下味の塩分が強めに効いてたが、たっぷりかかってたホワイトソース(市販のクリームシチューの素+人参・えのきなどの野菜)が塩分を中和して、家庭的で食べやすい料理になってた。

これに、ごはん、みそ汁、小鉢(大根の柚子味噌かけ)、漬物(浅漬け風たくあん)がついてて、ボリュームたっぷりだった。


 ホウボウの煮つけ定食 ¥1000

注文してから煮始めたみたいで、作りたての熱々。甘さ控えめの醤油色の濃い煮汁で煮てあって、ちょっと塩分濃いめに味に仕上がってた。魚は鮮度が良く、身がふっくらしてた。

お頭つきの姿煮で、しっぽの部分がお皿からはみ出してたので、身がたっぷり楽しめた。

建物裏手にも、駐車場&出入口があって、常連客はほとんど慣れた様子で裏手から入店してきて、日替わり定食を注文したり、マグロのネギトロやブリの刺身などを+¥200で定食にして注文してた。

変わったシステムのように感じたが、昔ながらの合理的なシステムであることがわかった。

つくばや土浦付近ではない雰囲気の店。定食はボリュームがあるし、テーブル上にお茶が準備してあって、自分のペースで時間が過ごせるので、常連さんが多いみたい。


応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■季節料理・定食『健康食堂 食道』
 茨城県石岡市旭台3-17-31 →つくば和食店リストへ
 電話:0299-26-3577  →つくば和食店マップへ
 営業時間:11:30〜14:00、17:00〜21:00
 定休日:月曜日