日本最大の外食チェーン『まいどおおきに食堂』の支店。土浦野田線沿いに去年末頃オープンした。

外壁に手書き風の大きな看板&メニューを掲げて、庶民的で目立つ店構え。

地域名を各支店名とし、地元の食堂であるかのようなイメージを作る戦略のよう。

『まるまつ』のすぐ隣に店を出すとは大胆不敵≫人気blogランキング

建物を囲むように、30台分くらいのゆったりめの駐車場になってる。

大阪市に本社がある(株)フジオフードシステムが営むという定食FC。平成19年2月で、全国47に500店舗を有する。

流行廃りのない日常食(家庭料理)を「作り置きスタイル」「食事前の会計」で客に提供するというシステムで、客の滞在時間は平均16分、同タイプの飲食店の昼食時と比較して、時間あたり売上は2〜4倍とのこと。

また、1店舗あたりの社員は1名のみという、経営方式を取ってる。



店頭に、写真入りのメニューが掲示されてた。

2重になってる玄関扉(手動)を開けて中に入った。



店内は、横に長い長方形型。
左手〜奧にかけてが厨房で、それに面したL字のカウンターのところに、料理が並べられてる。

客はすぐ左手に準備してあるトレイを、客席側のカウンターに載せて、右滑りさせながら、並んでる料理から好きな皿を取って、トレイに載せていき、最後に会計するというセルフシステム。

右手にテーブルが中央:カウンター風長テーブル(向かい合わせで28席)、窓際にテーブル(4人×8,2人×1)がゆったり配置されてた。

明るい色調の天井材やテーブルが配してある店内は、すっきりシンプル。実用的な雰囲気だが、中央の長テーブルの赤い丸椅子と(天井からさがってる)白い球型ペンダントライトがアクセントになってて彩りを添えてる。

料理は、L字のカウンターに

 玉子焼き(注文してから作り始める)
  ↓
 熱々おかず(8品¥150〜300、保温されてる)
  ↓
 揚げ物
  ↓
 煮物・焼物
  ↓
 冷菜(サラダ、漬物、小鉢、刺身など)
  ↓
 うどん(注文してから作り始める)
  ↓
 ごはん・みそ汁・豚汁
  ↓
 会計

という順に並んでた。

玉子焼きとうどんは、注文してから作り始めるので、注文すると番号札を渡されて、出来上がって呼ばれた時に、この番号札を持って取りに行く。











調味料・お茶コーナーには、天つゆ、取り皿、ふりかけなども準備してあった。

トレイを右方向に滑らせながら、料理を選んでいった。


 サンマ塩焼&カキフライを入れた定食風 計¥725

・サンマ塩焼 …¥210
・カキフライ …¥189
・高野豆腐  …¥105
・ごはん(中)…¥137
・みそ汁   …¥84

サンマは焼きたてとのことで、ほんのり温かくて、大根おろしが添えてあった。カキフライは、保温されてなかったので冷たくて、高野豆腐は甘めの味で煮てあった。

ごはんは、注文時に量を聞かれた。大・中・小があって、値段は同じ¥137。(中)で注文したが、それでも丼めしだったので、お腹がいっぱいになった。
みそ汁は、具控えめだった。
 

 豚汁&小鉢で定食風に盛り付けた 計¥726

・なす揚げ煮 …¥158
・きんぴら  …¥105
・ポテサラ  …¥105
・ごはん(中)…¥137
・豚汁    …¥137
・漬物    …¥ 84

ナスの揚げ煮は、甘からいタレが絡んでた。
きんぴらは、大きめのささがきっぽい切り方で、ちょっと切り方が雑で、大量生産してるって感じ。

冷蔵庫内に陳列してあったポテサラと漬物(白菜)には、ラップがかかってた。ポテサラは、玉子入りで、しっかりめに味がついてた。漬物は、量がちょっと多め。豚汁は、具が少なかったが、豚汁の風味は味わえた。


 天ぷら&にんにく芽炒めを入れた定食風 計¥726

・天ぷら盛合せ …¥263
・にんにく芽炒め…¥158
・ごはん(大) …¥137
・みそ汁    …¥ 84
・漬物     …¥ 84

天ぷらは冷たかった。海老、かぼちゃ、さつまいも、なす、いんげんなど6点盛りで、衣をしっかりつけて揚げてあった。

にんにくの芽炒めは、鶏の唐揚げ、にんにくの芽、人参が甘辛い味付けで炒めてあって、ごはんのおかずにぴったりだった。

ごはん(大)は、やっぱりボリュームがあった。


 かけうどん&玉子焼き 計¥348
 
・かけうどん…¥189
・玉子焼き …¥159

玉子焼きは、注文してから作り始めるので、作りたての熱々だった。
甘さひかえめの大人の味っぽい玉子焼きなので、大根おろしが添えてあったらもっとよさそう。

かけうどんは、やや細めのうどん+醤油色の薄いつゆ+揚げ玉、長ねぎ、とろろ昆布の組み合わせで、見た目が上品で食べやすかった。とろろ昆布は、オプションにしてほしい感じもした。

たくさんの種類の料理が並んでるので、目移りしていろいろ食べたくなってしまったが、食べきれないと困るので、足りなかったら後から追加することにして、ちょっと控えめに料理を選んだのに、量は多めで追加は必要なかった。

近くのテーブルに座っていた、小さな子ども連れの若いお母さんが、お茶コーナーに準備してあった、おかず用透明パック&レジ袋を持ってきて、余ったおかずを詰めて持ち帰っていた。今は冬なので、とっても経済的〜(夏とかだったら、あまりおすすめできないかも)。

・メインのおかず:¥210〜300、
・副菜や小鉢  :¥105〜158
・サラダ    :¥105〜200
・和物、お浸し :¥105
・ごはん    :¥137
・みそ汁    :¥84

それぞれの単価は、スーパーで販売されてる総菜類とそう変わらない価格なので、安い印象を受けるが、1人で来店して、料理をあれもこれもとってしまうと、かなりの値段になりそう。

隣のまるまつと対比すると、ここはスーパーの惣菜のように作り置きだしセルフサービスでせわしない雰囲気だが、待たずに、他種類の料理を見ながら自由に選べて楽しいという利点がある。一方まるまつは、料理の種類が比して少なくセットメニューだが、シンプルな焼魚定食(ごはん、みそ汁、漬物、小鉢)だったらまるまつの方が安価だし、作りたての料理がゆったり食べられるという利点がある。

飲食店は使い分けると便利。あれもこれも食べたいと、ついいろいろ取ってしまうと予算やカロリーがオーバーになる心配もあるが、時間がないときに手軽に好きな物を食べたい時には重宝する店。


応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■日本一の食堂『つくば谷田部食堂』 お店のHP
 茨城県つくば市上横場2431-2 →つくば和食店リストへ
 電話:029-839-4646  →つくば和食店マップへ
 営業時間:11:00〜23:00
 定休日:無休