つくば国際会議場のすぐ隣にあるファミレス。

“オークラフロンティアホテルつくばエポカル”の1階にある。

便利な場所にあるので、行ってみた。≫人気blogランキング

ホテルの前が広めの駐車場になってて、CASA用とホテル宿泊客用に区別されてる。遮断機ではなく、各駐車スペースの地面に埋め込まれてるセンサーによって管理されてた。お店で券をもらうと料金が無料になる

CASAは、西武系の「西洋フード・コンパスグループ」が営む。2002年に郊外型の120店舗をココスジャパンに売却し、現在は全国に17店舗のみになった。筑波西武6階の『とんかつ双葉亭』も同グループの経営。



店に入ると、すぐ右手におすすめランチの料理内容が掲示されてた。

大きな長方形型の建物は、窓が全面ガラス張りになってて、いかにもホテルの施設らしい堂々とした雰囲気。

玄関入ると、窓に沿うように、右手から客席がL字型に配置されてる。玄関に近いやや幅狭のスペースが喫煙席になってて、その奧にある3方向を窓に囲まれたゆったりしたスペースが禁煙席になってる。4人テーブル席が約20、2人テーブル席が約15、と意外に広い。



出てきた女性従業員に禁煙or喫煙か聞かれ、禁煙席を希望すると、奧の方の席に案内された。

 

メニューから、おすすめランチ¥720、CASA弁当¥980を注文した。

店内は、お揃いのジャケットを着たグループ客で混み合っていたけれど、席数が多いので、満席にはなっていなかった。



 おすすめランチ ¥720

おすすめランチは、白い皿にポークかつ&チキンピカタが合い盛りされてて、サラダが添えてあった。ポークかつは、やや薄めの豚肉がやや粗めのパン粉を付けて揚げてあって、チキンピカタは、玉子の薄衣をまとった鶏肉が柔らかな食感だった。

これにスープ、ライスorパンがついてた。


 CASA弁当 ¥980

長四角のお弁当箱に、3つの料理(豚焼肉、海老フライ&カニクリームコロッケ、焼魚)盛り付けてあって、見た目ちょっとリッチな和定食って感じ。

豚焼肉は、バラ肉が玉ねぎと一緒に炒めてあって、玉ねぎがところどころ生っぽかったが、たっぷり白ごまがまぶしてあった。

海老フライは、お弁当サイズって感じで小さかったが、カニクリームコロッケとともに揚げたてで、タルタルソースと生野菜が添えてあった。

焼魚(サワラ?)には、大根おろしと彩りにかまぼこが添えてあった。

これにごはん、みそ汁(玉ねぎ、だいこん、人参、ごぼう、里芋など根菜がたっぷり入ってた)、漬物付だった。

ファミレスではあるが、ホテル併設のレストランなのでつくばの地域性をもっとアピールしてほしいような気もしたが、便利な所にあり、広々してて居心地がよく、ランチもお手頃価格。

コーヒー+¥200は、おかわり可で、従業員が席まで注ぎに来てくれるので、ちょっとした打ち合わせなどに気軽に使えそう。


応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4

■『CASA』つくばエポカル店 →つくば駅付近飲食店リストへ
 茨城県つくば市竹園2-20-1 →つくばレストランリストへ
  オークラフロンティアホテルつくば エポカル1F
 電話:029-861-7626 →つくば駅周辺飲食店マップへ
 営業時間:7:00〜深夜1:00(LO 24:30)
 定休日:無休