ジュエリーショップとギャラリーを併設してるおしゃれなカフェ。

土浦野田線から少し入ったところに2002年にオープンした

久しぶりに行ってみた≫人気blogランキング

オーナー夫妻のお嬢さんが、大学院(建築学)在学中に設計し、修士論文として発表したそう。学生らが内装を施工したことでも話題になった。



土浦野田線の梅園2丁目南交差点から南に折れて200m程進んだところで、東に鋭角に曲がると、空き地の向こう側に台形の箱を2つ組み合わせたようなモダンなグレーの建物が見える。

建物前が10台程止められる駐車場になってたので、そこに車を止めた。

階段を3段上って、建物の窓沿いに設けられたデッキ風スペースを進んでいくと、突き当たり左に玄関がある。



入ると正面に、レジとケーキ用ショーケースの並んでる通路っぽいスペースがあって、左側が客席になってた。右手側はジュエリーが陳列されてるコーナーで、その手前に突き出してる小部屋がギャラリーになってる。

赤いセーターを着た若い女性従業員がにこやかに迎えてくれて、席に案内してくれた。



レジの脇にケーキ用ショーケースがあった。その奥側の厨房で、おそろいの赤いセーターを着用した女性が2〜3人働いてて、接客してた黒い服の女性がオーナーであり彫金師の鳥山玲子氏のよう。



天井が微妙な角度で傾斜している客席は、白・グレーと無彩色でまとめられてて、スタイリッシュ。大地に根ざした質感のある木製テーブル(4人×2,2人×7,8人×1,6人×1,カウンター3席)が配置されてて、自然との融合が感じられる。

 

メニューから、お食事セット¥1260を注文した(食事メニューはこれ1種のみ)。

かなり待って、料理が運ばれてきた。



 お食事セット ¥1260

先に、9品の料理がきれいに盛り付けられた四角い大皿が運ばれてきて、すぐに、ごはん(赤米入り)とスープも運ばれてきた。

料理9品は、
・温野菜のごまペースト載せ
・煮豆(黒いんげん?)
・ホタテの蕪包み(聖護院かぶら)、ごぼう添え
・味噌こんにゃく
・あんかけ茶碗蒸し
・ひじき
・レンコン海老はさみ揚げ
・トマトのピクルス
・油揚げの袋煮

ホタテは半解凍って感じで、酸味のあるかぶらに包まれてた。油揚げの袋煮(鶏肉、切り干し大根入り)はとても薄味で、作りたてで温かかった。茶碗蒸しの具はコーンで、針生姜入りのアンがかかってた。ひじきは少し甘めの味付け、レンコンのはさみ揚げは塩味が付いてた。

赤米入りごはんは、炊きたて。はんなり上品な梅型にぬいてあった。スープも、薄味仕立てだった。

品数が多いので、料理が出てくるまで時間がかかったみたい。



 デザート&ドリンク

デザートは、店内の黒板に書かれてた2種(ロイヤルミルクティーゼリー、栗のシフォンケーキ)から、ドリンクは3種(コーヒー、紅茶、オレンジジュース)から選べた。

ロイヤルミルクティーゼリーはちょっと量控えめ。レーズン入りで、ぷるんと冷たい食感だった。栗のシフォンケーキ(ショーケース内の1/2サイズ)はしっとりしてた。

肉や魚の存在が薄いので、男性や育ち盛りの子どもには物足りない感じだが、1日30品目もこの料理なら簡単に達成できそう。野菜を主とする薄味の料理が中心のメニュー構成になってるので、美しさ&健康を目指す女性にはぴったり。

■『MEMORIES』 お店のHP
 茨城県つくば市大角豆2012-788 →つくばカフェリストへ
 電話:029-858-5400
 営業時間:11:30〜18:00
 定休日:日曜、祭日

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る