筑西市と下妻市の境界線近くにある蕎麦店。

畑の中の道を行くが案内板は見かけず、店があるのか不安になりつつ集落の小路を行くと、そばの館と書いてある案内板が見えた。

その案内板の近くまで行くと左手に、白いフェンスに囲まれて『そばの館』という看板の掛かってる箱形の建物があった。≫人気blogランキング



敷地内は縦長で、右手の建物には暖簾がかかってて店のよう。奧が、駐車場&私道になっててたので、その一画に車を止めた。

右手奧には広い前庭に石灯籠が3つも置かれてる立派な民家が建ってて、どうやら店主の自宅のよう。



門から入って左手の建物には看板があって、予備の客席のよう。右側の建物が満席になると、使っているらしい。

暖簾をくぐって、玄関の引き戸を開けて入った。



店内は、横長の20畳位のお座敷になってて、そこにテーブル(4人×6)がゆったりと配置されてて、客席から見えない右手奥が厨房になってた。

50代位の女性従業員にいらっしゃいませと迎えられて、空いてる席に座った。



メニューは極めてシンプル。温かいそばはなく、ざるそば(量の違いで6種)、けんちん汁、かきあげのみ。そこから、大盛りそば×2の量という五合そば¥1400、けんちん汁¥200を注文した。



先に、お茶と一緒に小袋入りの柿ピーが運ばれてきた。おじさん客が多い店なので、おつまみって感じかも。



次に、そばつゆ&薬味と、ピリ辛味のごぼうが運ばれてきた。


 けんちん汁 ¥200

けんちん汁は、五合そばと一緒に運ばれてきた。

大きめの椀に入ってて、具は大根、人参、ごぼう、しいたけ、油揚げ、長ねぎで、甘みのない醤油味だった。肉類は入っていなかったが、油分が多めに浮いてて、男性好みかも。


 五合そば ¥1400

五合そばは、大きめの丸ざるに、4玉に分けるように盛り付けてあった。

茶や黒の大小の破片が混じってる幅5mm程のやや不揃いな平麺で、そばの甘みや香りはあまりなかったが、そば殻が入ってるせいか、ほのかな渋みがあって、つるつるした食感がきしめんっぽくて、この麺なら鍋焼そばができそう。

そばつゆは、ほんのりした甘さのあるやや薄味仕立てのもので、最初から器にたっぷり注いであった。


 そば湯

厨房の方から、白い調理着姿の男性が出てくると、駐車場のところでていねいに挨拶してた。接客の女性の雰囲気も感じもいいし、クチコミで地域で人気が広がる秘訣はこんなところにあるのかも。

メニューは少ないし、そばやそばつゆもいかにも田舎蕎麦のイメージ。つなぎが多めの蕎麦に蕎麦殻を練り込んだって感じで、見た目が素朴で、のどごしもいい。

安価にたっぷりと田舎の蕎麦を食べられる雰囲気になれる店。ひとりで来てるおじさん客もいて、この地域では繁盛しているみたい。

■腕打『そばの館えん野(えんの)』 
 茨城県筑西市江993-2 →茨城県南の蕎麦店リストへ
 電話:0296-37-2092
 営業時間:11:00〜15:00
 定休日:日曜日

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る