大盛りのそばを、各自がつけ汁を頼んで食べるのが人気の店。

荒川沖駅から200m程北東の住宅地の中にある。

『そば景色安曇野』という店は、つくば市、龍ヶ崎市にもあって、系列店かも≫人気blogランキング



普通の民家に店舗を増築したような建物で、飲食店っぽくない。住宅地の路地に面してるが、玄関が路地に対して横を向いてるので、あまり目立たない。店を見つけるのにちょっと苦労した。

奧に袋状に伸びててる敷地は、ゆったりしてるが、並列して建ってるプレハブ小屋の物置を含め、雑然とした雰囲気。

駐車場としてライン引きとかはされてないので、空いてるところに車を止めた。

玄関脇で作業をしてた女性従業員が、いらっしゃいませとにこやかに声をかけてくれた。



店内は、右手が雑誌などが置かれたレジ&接客用品コーナー(コップ、冷蔵庫などがある)になってて、このレジコーナーを囲むようにコの字型に、テーブル(4人×5)、小上がり(4人×2)があった。



玄関脇の小部屋では、自動の石臼がずっと回転して、丸ぬき→そば粉になる様子がガラス越しに見えた。

50代位の小柄な女性がにこやかに、空いてる席に案内してくれて、そば茶を運んできてくれた。

 


せいろそばは、小がふつうの1人前で、中が大盛り、得が大盛りの2倍で、大名は大盛りの5倍の量、とのこと。

メニューから、大名せいろそば¥630、もり汁¥210、かも汁と地鶏汁各¥420、潮来地鶏のとり天¥420、まいたけ天¥420を注文した。

厨房から出てきた50代位の男性が、テーブル席に座ってた男性客に挨拶してて、この人が店主のよう。接客係の小柄な女性は、言葉かけや説明しながら、お茶や料理を運んでて、店主の身内のよう(他、厨房に男性1人、接客係の若い女性1人がいた)。

先に天ぷらが運ばれてきた。


潮来地鶏のとり天 ¥420

地鶏のとり天は、手の平くらいの大きさのが2つ、お皿に載っていた。

サクッとした衣の下には、脂肪が少なくて柔らかな鶏肉(胸肉?)だった。柔らかいけれど、裂けるような食感が鶏肉らしかった。肉の量がたっぷりなので、男性好みの感じ。


まいたけ天 ¥420

まいたけは、桜川から仕入れてるよう。舞茸は、立体感&ボリュームがあって、風味も濃厚だった。


大名せいろそば¥630+もり汁¥210

大きなへぎ(50cm×30cm位?)にたっぷりそばが盛られてた。確かに大盛り5人分はありそうなすごい量。4人で食べても満足できる。この店の名物で、何人かで各自がつけ汁を注文して食べるのが人気らしい。

そばは、緑掛かった薄茶色をしてて、やや太め(幅4mm位)の平たい麺で、箸で持ち上げると30cm位の長さがある。口に含むと、密度あるしっかりした食感で、そばの香りがふんわり感じられる。

もり汁は、甘さがしっかり効いた濃い口タイプだった。

この日のサービスで付いてきた、生玉子を絡めて食べると、よりマイルド&コクのあるそばが楽しめた。


かも汁&地鶏汁 各¥420

かも汁、地鶏汁ともに熱々。

かも汁は、表面に油がたっぷり浮いてて、中には刻んだ鴨肉と長ねぎが入ってて、鴨の味がしっかりと感じられた。

地鶏汁は、大きめの鶏肉と長ねぎが入ってて、鶏肉は味が浸みてるのに、柔らかだった。この店の名物らしい。

両方とも、量たっぷりの大名そばでも大丈夫なように、しっかり濃い口仕立てになってた。

テーブル上のポットには、ぽったり白濁したそば湯が準備されてて、熱々の状態のをしっかり味わえる。

庶民的価格で、そばをお腹いっぱい食べられるすごい店。量だけでなく、そばの香りもあるしっかりしたそばなので、大食いでなくても蕎麦を楽しめる。1人で来てる客も多かった。次は天丼なども食べてみたい。おすすめ度は、7.2。

■つけ汁家『安曇野』荒川沖 お店のHP
 茨城県土浦市荒川沖東2-13-50 →茨城県南の蕎麦店リストへ
 電話:029-842-1594
 営業時間:11:00〜19:30
 定休日:水曜日

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4


大きな地図で見る