赤いテントと暖簾が掛かってて、昔ながらの感じのチャイナ食堂。

つい最近オープンした。(今年?)

東大通りの天久保2丁目南交差点から東へ150m程入ったところにある≫人気blogランキング



2階建てのテナントビル1階(向かって右)にある。以前ここは、居酒屋&ラーメン『琴』だった。ビルの裏側にも駐車場がある。



縦長の店内は、入って右手が厨房とそれに面したカウンター(5席)で、左手の壁寄りにテーブル(2人×1,4人×2)が配置されてた。

高い位置に小型テレビがあって、店内はとても庶民的雰囲気。



右手奥には、小上がり(4人×1)があった。

カウンター近くにいた60代位の男性(この人が店主のよう)がいらっしゃいませと迎えてくれた。

 

空いてる席に座って、壁に掲示してあるメニューを見た。

写真入りメニューの方が見やすかったので、そこからラーメン・半チャーハンセット¥700、肉野菜定食¥700、餃子¥350を注文した。

厨房から、食材を刻む包丁の音、中華鍋で炒めものをしている音がリズミカルに聞こえてきた後、料理が運ばれてきた。

 
  ラーメン・半チャーハンセット ¥700

ラーメンは熱々。

あっさりめタイプの中華スープ+中細縮れ麺+焼豚、メンマ、なると、のり、ねぎという組み合わせのラーメンは、個性的ではないけど馴染みやすい。麺はたっぷりめで、1玉より多いみたいだった。

玉子、焼豚入りの半チャーハン付きのセットなので、炭水化物にかたよりがちだが、ボリュームたっぷりで、お腹いっぱいになった。


 肉野菜定食 ¥700

肉野菜炒めは、お皿にたっぷり盛り付けてあった。豚肉、もやし、キャベツ、ニラ、人参が中華らしく強火で炒めてあるので、もやしなど野菜がシャキシャキしてた。


 餃子 ¥350

餃子は、6ヶ入りで、色よく焼けてた。



食後、小皿に載せてミカンを出してくれて、奥さんと2人で切り盛りしてる家庭的な店ならではのこころ使いを感じる。

高級感や今風なおしゃれさはないけれど、手頃な価格でボリュームたっぷりの中華が味わえるのは便利。


大きな地図で見る

応援クリック、お願いします♪ → ブログバナー4